旧作からの進化へ

こんにちはインターン生の中嶋俊介です。

今回紹介するのは1996年に発売されました、Nintendo64の名作スーパーマリオ64です。

日本では192万本、世界では1189万本発売されました。かなりの人気作品です。

なぜこんなに人気なのかといえば、マリオシリーズがただ単に人気だからと言うわけではないと考えています。その理由として挙げるのがこの時代のゲームとしては珍しく3Dで描かれている世界を自由に動きまわることができました。

そして今までの旧作のマリオ作品では、ゴールまでたどり着くというのが目的でしたが、フィールド上隠されている「パワースター」を入手するとゴールとなります。
コインを集めた際なども同様に「パワースター」を入手可能と言う面でスーパーマリオで旧作との差別化を感じました。

私の予想だとその今までの作品と新しい作品の差別化が消費者に納得する形で捉えることが一番の成功の秘訣だったと私は思いました。

しかし、旧作との差別化がどの作品でも良いというわけではありません。
旧作との差別化には、前作同様に「このゲームを今まで通りのゲームの感じで作って欲しかった」という声など様々だと思います。
しかし今までとは違う捉え方をしても「今回のゲームは面白くない」などと言われるのを承知で新しいタイプのゲームに仕上げると言うのに、凄さや関心を感じました。

差別化を図ったその中で今までのマリオ作品と「まるっきり違う」と言われることはありませんでした。
それは、マリオ作品ならではのキャラクター(クリボー、クッパ、ノコノコなど)もしっかり出ていて旧作の様にマリオがアイテムで変身したり、マリオ感を失うことはありませんでした。むしろ旧作までのマリオシリーズが全方向に動けると思った人が多かったと思います。
そこも人気の秘訣だと思います。

コースなども3Dということで全方位に動くことが可能です。今までの作品だと横スクロールであったので、マリオの世界が3Dになったワクワク感は人気の理由の1つだと思います。

そしてこのゲームは人気作品であったので2004年にリメイクされてNintendoDSの対応としてスーパーマリオDS
さらに、2006年には振動パック対応版がWiiのバーチャルコンソールタイトルとして配信されました。しかしこの振動パック対応版には振動機能はありません。
そして2015年ににWii Uのバーチャルコンソールバージョンでも発売されました。

興味を示して頂いた方などは是非やってみてください。

以上 中嶋俊介でした。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー