ファミコン初心者による大陸争奪戦01

こんにちは、インターン生の町田です。
第三回始まりました、夢冒険。なんとかふっか*のじゅもんをもぎ取り、ようやく第2章です。
本当にこの*っかつのじゅもんでいけるのかなあという些かの疑問は残るものの、やっと1章から抜け出すことができたことに対し謎に開放感があります。
今の所あの虚無僧みたいな戦闘グラができていないのでやっぱり夢の世界は平和なんだ!やったあ!
時の冠とかいわれるとなんとなく戦闘要素とか出てくるのかなあなんて思ったりもするわけですが、そんな野蛮な世界ではなさそうなので一旦落ち着きますね。

章ごとの区切りだと時間が長くなってしまって大変ですね…。

前置きはこの辺で。

・・・と書こうとしたらまさかの事態です。
カセット端末の呪いでさとる兄が動かなくなってしまいました。
本体のコード劣化かな〜などと思っていたわけですが、普通にこのゲームカセットが要員らしく、永遠に夢の中を彷徨うこととなってしまったわけです。
もちろん復活したら…というより、動かせるようになったらちゃんと時の冠は手に入れてやります。これは言質です。

夢の中でまだ冠を探しているんだと思ってください。
ああ、でもできなくなると思うと物思いにふけってしまう…

まず何者かもわからないようなよくわからない声や虚無僧やらに探せ探せといわれたものを疑いもせず探そう!という心意気に感服です。
ああせめて一つだけは時の冠を手にしたかった。
たくさん考えてしまいます。
本当に幸せになれるとかなれないとかすごい力があるのにをれを奪う悪役が存在しない最高民度の幸せな空間なのか?とか
あのなんかよくわからない走り去った猫はなんだったのか?とか。
虚無僧はなんであんな戦闘グラフィックなのか。とか。
時の冠レアそうなのに複数あるのすげえな、とか。
というか複数あるってことは集めたらなんかやばい魔王とか復活しないのか?とか。…

唐突にぶった切って本題です。
心機一転として「半熟英雄(ヒーロー)」というゲームに手をつけてみたいと思った所存です。

また全く知らないゲームに手をつけてる…

ということで以下引用です。
1988年、もともとPC向けに作られていたものをファミリーコンピュータ用ソフトとして第1作が発売。家庭用ゲーム機としては初となる「リアルタイムシミュレーションRPG」とされている。本作発売以前のシミュレーションゲームはコマとなる1キャラクターの能力を示すステータスの表記が多く、それによりシステムが複雑なものとしていたが、本シリーズではそういったものを極力排除し、視覚的にわかりやすく、感覚的に遊べるゲームに仕上げられた。攻略した城の収入を元手に領土を拡大するシステムではあるが、内政に注意を払う必要は少なく、最新作の『4』では完全に廃止。基本的なシステムは最新作でもほとんど変化していないが、より戦闘に特化した内容となっている。
物語はゲームとしては非常に異色なもので、登場人物は舞台の上で芝居を演じるという形をとっている。全編がコメディタッチで描かれ、ギャグやパロディが随所にちりばめられている。

第1作では収入と支出のバランスがシビアな上、戦闘の難易度も高く、コミカルな外見によらず戦略性が要求された。また、特定のラストボスが存在せず、複数の敵勢力が登場し、大陸の統一がクリア条件という、シミュレーションゲーム色の強い内容だった。攻略するマップは選択制で、ストーリーはどれも同じ。

ストーリー
先代のアルマムーン王ダークフリードは不思議な「卵」の力と騎士団を駆使し、大陸を統一した英雄だった。しかし、統一の翌日に急死すると、アルマムーンに服した国々はたちまち反旗を翻した。
征服した領土をあっという間に失い、後継者である若き王子(主人公)に残されたのは本拠のアルマムーン城とわずかな忠臣だけ。
英雄として半熟な王子は、不思議な「卵」の使い方もまだ知らない。しかし父譲りの才能と忠臣の力を頼りに、再び大陸制覇に乗り出していった。
全3話だが、マップや登場する敵国数(最大11)が違うだけで、基本的な展開は同じ。ただし、もっとも難しい第3話をクリアするとスタッフロール付きのエンディングになる
  引用終わり - https://ja.wikipedia.org/wiki/半熟英雄#半熟英雄

「感覚的に遊べる」!我々取説を読まない勢にはありがたい仕様です。やったー!!
感覚的に遊べながら難易度は高い。ゲーマー向きなんでしょうか。私にできるのか。

あと突っ込みたいのが英雄の名前がめっちゃ悪役だなってところです。
国家転覆早すぎるし普通にダークフリード王どんだけ脅威だったんだ…

後普通に「父譲りの才能」とか書かれてしまった。
ウッッソだろオイ。

シナリオはとりあえず一番上を選んでスタートします。
まちだ王子です。うーん似合わない。
だって他の将軍がゼウスだのヴィーナスだのって言ってるのに、まちだて。

名前まで決めたところで普通にゲーム性がわからなくてとりあえず兵士を出撃させました。さながら派遣社員を飛ばす社長です。

しばらく経つと襲いかかってくるんですよね敵国が…襲いかかってくる敵兵薙ぎ払いながら制圧しようってことですよね?
敵とご対面したら戦闘シーンのことも何もわからずとりあえず見守るだけ…
って負けそうじゃないですかァ!!!!!!!!よくわからないけど卵召喚!!!!
卵召喚したらよくわからない呪術を始める将軍と謎のなんか・・・こう・・・シャーマンとかそういう類の人。
そして謎の召喚獣が生まれ敵をバタバタと倒していく…わけでもなく、いや倒せたんですけど、なんなら敵国の将軍の一太刀のほうが痛い。
これも腕の見せ所なんでしょうね…。

何度か戦ったと思ったら当然「プレゼントはアタイ♡」と言わんばかりに兵士たちが名乗ったと思えば自分たちをシャッフルし始め選んで!!!!と選ばせてくるんです。
選ばせてもらったんですがおそらく一番高ステの兵士を当てられたと思います。リセマラ案件、この時代からあったんですね。

そんなこんなで、ざっくりと理解できた(つもり)になったところで次回に持ち越しです。
全国統一目指して頑張るぞオイー!

また次回お会いしましょう。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー