スイートポテト

こんにちは、インターン生の加藤空です。
三回目はスイートポテトについてご紹介しようと思います。今回もご家庭でできる作り方について書いていきます。

スイートポテトの材料は、サツマイモ、砂糖、バター、生クリーム、卵黄です。
スイートポテトの型にサツマイモの皮を使うレシピもあるのですが、手軽さと保存のしやすさから今回は100円均一などで売っているマフィンやカップケーキの型を使っていこうと思います。

サツマイモ:200ℊ
☆皮をとって裏ごししたものの重さ

バター:30g
☆常温においておき、指で押してみてすんなりと跡がつくくらいの柔らかさにしておく。時間がなければレンジで数秒温めるといいです。
砂糖:36g
卵黄:15g
↑#2のシフォンケーキで卵黄が1つ余っています、活用しましょう!
生クリーム:4g(無ければ牛乳でもできますが、口当たりが変わると思います)

ラム酒(適量)
もし用意できるのであればラム酒をいれると風味がグッとよくなります。#2でブランデーがあればブランデーでも大丈夫です。
お菓子作りにはお酒を使うことが多いので小さいものを買っておいてもいいかもしれません。

サツマイモはあらかじめ茹でて、裏ごしをしておきましょう。熱いのでやけどをしないように気を付けてください。

柔らかくなったバターに砂糖を入れ、泡だて器で白っぽくなるまで混ぜていきます。
白っぽくなったら、卵黄を入れて混ぜていきます。バターが分離してしまわないように気をつけましょう。
卵黄が混ざったら生クリームも入れていきましょう。
☆なめらかになるまで混ぜるとくちどけがよく仕上がります。

バターの方に裏ごししたサツマイモを入れてゴムヘラで混ぜていきます。全体を馴染ませるようにして混ぜていきます。
今回は泡がつぶれて生地がペシャンコになってしまうことはないので、しっかりとムラがないように生地を合わせましょう。
途中でお酒をいれて混ぜていきます。

全体がしっかりと混ざったら絞り袋にいれて、型に絞っていきます。
マフィン型の8割くらいになるように入れましょう。

型に入れたら残っている卵黄を刷毛で表面に塗っていきます。あまり塗りすぎたり、縁についてしまうと焦げる原因になってしまうので注意してください。

ぬり玉ができたら200度に熱しておいたオーブンで15分ほど焼いていきます。焼き目がついたら完成です。
出来上がりのスイートポテトはホクホクとしていて美味しいですが、1日おいておくと生地が落ち着いてしっとりとしてこれもまた美味しいと思います。
出来立てを食べる機会はあまりないと思うので、この機会に食べてみるといいでしょう。
砂糖を一部ハチミツに変えてみると、しっとりとして風味のあるスイートポテトができると思います。ぜひ作ってみてください!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー