日本留学生活スタート

こんにちは李在又(イ ジェウ)です。
前回の続いて今度は本格的な日本留学生活スタートの話です。
飛行機に乗ってソウルから2時間半東京が見えました。
前大阪とか旅行で行ったことがありますが、東京ははじめてだったし、
日本語も全然しゃべれなかったでした。日本に着いた私はとりあえず
日本語を勉強するためにすでに予約している日本語学校に通い始めました。
最初ひらがなから始め、会話、フリートーキングなどの勉強しました。
日本に来て最初6ヶ月はバイトもできませんでした。でも6ヶ月すぐ後から
バイトを探しを始め、そこからいろんなバイトの経験しました。バイトする時も
最初は韓国と文化的に違うことがあったので、びっくりする時もけっこありました。
例えば仕事を始める時、終わる時にもしっかり挨拶することとか、バイト先輩と後輩
の関係とか、もちろん一部は韓国でもやるべきこともありますが、韓国では日本と違い
基本的に挨拶はするんですが、特にそのルールとかは決まってないし、そしてバイト先の
雰囲気は日本より厳しくない方です。最初は、このような類の違いを見でここは韓国じゃ
ないから私の考え方を変えなきゃと思いました。でもこいた例は日本留学生活の大変さの
本当に小さい一部分だけでありました。実は日本語というのが一番大きな問題でした。
日本語の勉強は最初本見で覚えでしゃべることしか方がなかったです。そして、
コミュニケーションがちゃんとできないと普通の生活はもちろん目標だった大学入学も
できないので、本気で一生懸命日本語勉強をしました。あと、その中入学する大学も
探さないとダメでした。韓国でだいたいの情報は見たんですが、さすがに日本で直接
見で探すこととは全然違いました。日本語勉強して、バイトして、時間があったら
大学の情報見で直接見に行って資料をもらったり、その大学人と相談しました。
こいう流れで約1年ぐらい頑張ってやっと入学したい大学が見つけました。目標大学が
確定になって、そこからは入学準備進めました。その入学準備するのにもかなり
いろいろなことを考えなきゃいけなかったです。そして、入学金とか、お金の問題も
解決するために頑張ってバイトしました。もちろんバイトだけではお金問題を全然
できないとは思ったんですが、少なくてもできるだけ私も努力したかったでした。
今日の話はここまでにして、次はこの以降の状況を次の記事で書きまので宜しくお願いします。
ありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー