TypeScriptについて

タイプスクリプトのメリット。

ウェブページがだんだん複雑なっている今の世界では、JavaScriptコードの量が増えています。
このため、ウェブプロジェクトのソースコードのデバッグは困難になっています。 今日はタイプスクリプトというバグの一つの対策につい話したいと思います。

タイプスクリプトとは?
タイプスクリプトとは、JavaScript(EcmaScript 3+)にコンパイル出来るJavaScriptのオープンソースの構文上のスーパーセットです。 タイプスクリプトは、コンパイル時にオプションの静的型チェックを行っています。 JavaScriptのスーパーセットなので、すべてのJavaScriptは構文的に有効なタイプスクリプトです。
コンパイル時どいうチェックを行われていますか?
主なチェックは
 -変数のタイプチェック
 -関数のパラメータ数 とパラメタータイプ
これ以外もいろんなチェックを行っています。

どいうバグの対策になれるでしょうか? 大規模なJavaScriptプロジェクトを想像してください。 たとえばそのプロジェクトの中によく使われている関数があります。この関数はパラメータとして電話番号を受け取って、電話番号が有効かどうか判別し、ブール値を返します。 ある日ビジネスニーズでその関数のパラメターに地域という1つのパラメータが追加されました。 ですがプロジェクトが大きいなのでその関数が呼び出される場所の修正を漏れてしまう可能性があります。 でも漏れてしまうとバグが出ます。このバグの対策として関数のパラメータ数 とパラメタータイプのチェックが適しています。

タイプスクリプトは効果があるでしょうか? 私の経験からJavaScriptアプリケーションでは変数のタイプや値を間違ってバグを作るのは簡単なので、タイプスクリプトは非常に助かります。 バグの約30% を自動で示してくれます。

大規模なプロジェクトを修正できない!確かに大規模なプロジェクトを修正するのは難しいですが、
同じプロジェクトではタイプスクリプトとJavaScriptを一緒使えるので最小限の変更から進められるとおもいます。
興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー