1970年代前半

皆様初めまして。インターン生の堀米彬宏と申します。
普段あまり記事という形で物事を伝えることがないので不備などがあるかと思いますが、
精一杯伝えさせていただきますのでどうか最後までよろしくお願いします。

さて皆さん。ゲームしてますか?
まぁ読んでる方の殆どは一度は触ったことがあるはずです。
よく「ゲーム」というと必ずビデオゲームが思い浮かぶのが多いと思われますが、
実際はもっと形は広がっています。
いわゆるスマホゲームもゲームの形の一つですし、
トランプや将棋、チェスなどといったものもボードゲームなのでゲームの一種です。
まぁ…わかる方には当たり前かもしれません…

さて、今回記事にさせていただくのは先ほどの説明で出てきたようなゲームじゃなくて
普通にビデオゲームです。
私は多種多様なゲームのハードが大好きです。コントロールの形、ボタンの数、配置、
カセット式なのかディスク式なのか、本体の形など全部が好きで仕方ありません。
しかし、現状ほとんどのゲーム会社がハード事業を残念ながら撤退されてしまいました。
そのため最近のゲームハードは、日本ではSony社のPlaystation、任天堂社のNintendo Switch、
そしてMicrosoft社のXboxシリーズの三つが主となってしましました。

ですが、昔は沢山の会社が沢山のアイデアに溢れたハードを世に生み出してくれました。
私はその歴史を少しだけお話しできればな、と思っております。

まず最初の記事である今回は、初めてのコンシューマーゲームについてお話しします。
史上初の家庭用ゲーム機とされるそのゲームハードは1972年に生まれました。
名前は「オデッセイ」です。
ちょっとそれますが、パソコンは米国で1975年にIBM5100等といったものが出始めた頃で、
まだ当時はその中にあるCPUも1970年代前半に登場したばっかという状態だったので、
ゲーム機には使われませんでした。
では何で作られていたかと言いますと、アナログ回路で作っていたそうです。
そして、そのオデッセイを参考にし、アタリ社が「ポン」というゲームを制作し、アーケードで大ヒット。
さらにテレビに接続するだけで家庭でも楽しめる「ホーム・ポン」を1975年にリリースし、大ヒットとなりました。
この出来事が家庭用ゲーム機の存在が大きく知られるきっかかけになりました。

この後はいわゆる「ポンクローン」と呼ばれるコピーゲーム、亜流ゲームが沢山の数の玩具メーカーからリリースされます。
日本でもオデッセイを発売したマグナボックスと提携したエポック社と任天堂からゲーム機が発売されたそうですが、
これらも「ポンクローン」の呼ばれているそうです。
他にアタリ社から「ブレイクアウト」(ブロック崩し)が発表され、それらもクローン機が出回ったようです。

この頃のハードの特徴に先ほど挙げたCPU等がまだ使われていない他に、ハードの中にソフトが組み込まれているので、新たにソフトだけ、とはできなかったようです。
しかし、スイッチで複数ソフトの切り替えや、切り替えカードの追加購入によってオプションのゲームで遊ぶことが出来るものもあったようです。

長くなってしまったので今回はここまでとさせていただきます。
次回は、1970年代後半から1980年代中盤までお話ししたいと思います。
次からはレトロ好きならみんな知ってる「アレ」が出てくるかも?

参考url
Wikipedia_ゲーム機
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E6%A9%9F#%E7%AC%AC1%E4%B8%96%E4%BB%A3_2

Wikipedia_パーソナルコンピュータ史
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E5%8F%B2

Wikipedia_CPU年表
https://ja.wikipedia.org/wiki/CPU%E5%B9%B4%E8%A1%A8

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー