今から工業modを始める方必見!おすすめ工業mod紹介

この記事では私が今まで遊んできたMinecraftのおすすめ工業化modを紹介し、またどんな要素を追加してくれるのかを書いていきたいと思います。
 前提として、Minecraftのバージョンは、1.12.2とさせていただきたいと思います。
理由としてはこのバージョンは多くのmodがあり、選択の幅が広く比較的新しいのでおすすめできるのでこちらのバージョンの方を採用させていただきたいと思います。

 前置きが長くなりましたが本題に入らせていただきます。

1.BildCraft(BC) … 比較的簡単で、工業にまだ慣れてない方向けのmodとして広く認知されていると思いますが、改めてご紹介させてもらいます。このmodは名前の通り建築、土木面に優れています。露天掘り機(クワァーリー)という、指定範囲を露天掘りしてくれる装置を追加してくれます。今まで手作業で行っていたものをすべて自動でしくれます。指定範囲は最大で64x64マスの範囲です。露天掘りの光景はとても爽快で工業mod感が他のmodよりあるので、最初の一歩にはうってつけです。またこのバージョンではベータ版のため、まだ追加されてない要素もあるようなので今後新要素が追加されるのが楽しみなmodの一つです。
私が確認した中でまだ追加されていないものですと、簡易建築機(フィラー)建築機(ビルダー)等の装置がまだ用意されていないようです。

2.IndustrialCraft2ex(IC2) … こちらもかなり有名なmodの為知っている方が多いと思いますので、以前のバージョンと比べた際の変更点だけ記述したいと思います。
以前まで電圧の概念が削除されていたのですが、電圧の概念が復活しました。これによって高圧で流れるエネルギー導管に中圧以下の装置を接続すると装置が爆発してしまうため、注意が必要です。また、導管の方も流れているエネルギーの電圧に対応したものでないと焼失してしまいます。さらに、マターという万能物質が固体から液体になりました。そのため使用する際の手間が以前に比べて何倍にも増してしまいました。以前は固体のマターをクラフトするだけで色んなものを作ることが出来たのですが、現在はコピー元のアイテムを分析する装置に入れてその情報を記録し、その情報を元にエネルギーと、液体のマターを消費して複製するというプロセスを踏まなくてはいけなくなりました。

3.EnderIO … このmodはマッドサイエンティストな装置が多数追加されます。こちらは最近いろいろ仕様が変更されているので、私の中でかなりアツいmodです。
 まずこのmodの要素に触れるためには岩盤に行かなければなりません!そして、次にすべきことはこの岩盤に着火してください。しばらく待つと50%の確率でアイテムが手に入るのでそれでようやくスタートラインに立てます。通常Minecraftの岩盤というのは凸凹していてとても作業ができるような環境ではないでしょう。
 そこで私は同時にBedRockLayerというmodの導入をオススメします。
このmodを入れると、凸凹だった岩盤を平らにすることが出来ます。これで走りながら火打石と打ち金で着火できますね。

4.AppliedEnergistics(AE) … これは大容量の倉庫を追加するmodです。完成させるためには各地を旅して、隕石を見つけて隕石の中心部分にあるチェストから装置の基盤を手に入れる必要。また、この隕石はとても硬いので、ダイヤピッケル以上のツールでないと採掘が出来ません(黒曜石くらいの強度)。また、基盤には4種類あり、すべて集めなければこのmodの装置は作ることが出来ません。作成するための労力がかかりますが、手にできるものは今まで紹介してきたmodの中では一番実用性があると思います。というのも追加される装置はどれも優秀でデザインも洗練されているため一度手にしたらこれなしではもうMinecraftはできません。
具体的に何が出来るかですが、前述の通り大容量倉庫の作成、クラフトの自動化、他のmodで追加された装置類の自動化などが出来ます。それもかなりコンパクトにまとめることが出来ます。また、処理が比較的軽めなのでパソコンに優しい点も評価できます。

 他にも紹介したいmodは沢山あるのですが、今回はこの辺で終わりたいと思います。少しでも工業modの良さが伝われば幸いです。ではまた次回の記事でお会いしましょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー