リーグオブレジェンドのジャングルの話

どうも、インターン生の鎌田拓臣です。
今回はLeague of Legendsのジャングルについてです。

チーム5人のうちTopレーンに一人、Midレーンに一人、Botレーンに二人置くのが多い構成です。
そして残り一人はレーンに出ずジャングルに一人行きます。
ジャングルには9種類の中立モンスターが沸いていてそれを倒しながら、味方を助けたり敵の邪魔をしたりするロールです。

主な役割としては沸いてる中立を倒して経験値とお金を得る。
相手のジャングルを荒らして、敵の位置を把握してできるのなら倒す。
レーンに対して圧力をかけて味方を動きやすくする。
大型、中型の重要なモンスターを管理する。
などがあげられます。

ジャングルの中には植物が沸いていたりもします。
場所に関してはちょっとランダムな所もあるので割愛します。

ブラストコーンは叩くと爆発して周りにいるものを吹き飛ばします。
これによって壁をこえることもできるので奇襲や逃走手段に使われます。

スクライヤーブルームは壊した人が向いている方向に扇状に胞子を飛ばして視界を得ることが出来ます。
透明化(ステルス)状態のものでも見ることが出来るのでとても便利です。

ハニーフルーツは叩くと5つの実が落ちて拾うと体力を回復することが出来ます。
しかし、デメリットとしてスロー効果が入るので相手から逃げてる間に取るのはあまりお勧めできません。

チームは右上の赤チームと左下の赤チームに分かれていて、エピックといわれる大型の2体以外は同じ数がいるので全部で16か所モンスターが沸く場所があります。
一種類ずつ紹介していきます。

まずはウルフです。1体の双頭のウルフと小さなウルフ2体の計3体がいます。
おそらく一番狩りやすいモンスターです。

次にグロンプといわれるカエル型のモンスターです。
エピック以外では唯一遠距離からも攻撃できます。
若干タフなので少し狩るのに時間がかかります。

次に鳥型のモンスター、ラプターです。
大きなラプターと、5体の小さなラプターがいます。
数も多く倒しづらくダメージも受けやすいためチャンピオンレベルが低かったり、装備がなかったり、体力がない場合は放置しておく人も多いです。

次に岩の形をしたゴーレムのモンスター、クルーグです。
大きなクルーグと普通のクルーグがいて、大きなクルーグは倒すとクルーグ2体に分裂します。クルーグを倒すと小さなクルーグ2体になります。なので合計で10体ほど倒さないといけないので時間がかかるため放置されやすいです。

次に固い殻に覆われたモンスター、リフト・スカトルです。
このモンスターはこちらに攻撃してくることはなく、叩かれるとその叩いた相手から逃げるように動きます。
最初は固いのですがCCを当てるともろくなり、倒しやすくなります。
倒すとエピックモンスター前の場所に視界と、倒したチームが乗ると移動速度が上がる範囲が出現します。

次にレッドブランブルバック、通称赤バフです。
このモンスターを倒すと倒したチャンピオンに、
戦っていない時に体力が回復する効果と敵を叩くとスローと追加ダメージを与えるバフが付きます。

次にブルーセンチネル、通称青バフです。
このモンスターを倒すと倒したチャンピオンに、
マナの大きな回復効果と、クールダウンの解消が速くなるバフがつきます。

バフを持つモンスターは重要なのでジャングルの人は沸く時間を確認しつつ回ることになります。
次回はエピックモンスターを紹介したいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー