特戦群の装備の謎

皆さんこんにちはインターン生の高橋明です。

今回も記事を開いていただきありがとうございます!

今回は前回の最後にも言ったように、特戦群の装備について書きたいと思います!

特戦群が使用している装備は…残念ながら不明です!!

「おいまたかよ!!」って思いましたよね?

はい、私も趣味でサバイバルゲームをしてるのですが、特戦群の装備で戦いたい時に自分の想像や予想で決めるしかなくて凄く悩みました!!

「なんで装備まで非公開なんだよ!!日本国民なんだから知る権利があるだろ!!」って思うかと思います。
ですが、公開してはいけない訳がちゃんとあります。
それはなぜなら…

公開するとテロリストなどにもバレテ対策をされてしまうからです。

スポーツ漫画とかでも敵チームの偵察でどんな練習してたりだとか、どんなものを使ってるとかをみますよね?それと同じです。

それと同じ理由で特戦群隊員の顔なども絶対に非公開です!!

顔がバレたら身元もバレてその隊員の家族や身内が人質になってしまうからです。

だから、特戦群として公に出る場合は目だし帽と呼ばれる覆面が必須です。

<引用元URL>https://gendai.ismedia.jp/articles/-/52518

こんな感じで迷彩服や鉄兜(ヘルメット)に陸上自衛隊が正式に採用している89式小銃5.56mm弾固定銃床(以後89式)です。
これだけ見ると普通の隊員となんら変わりがありません、ですがこれはあくまで公に出た時なのです。
だから戦闘時や訓練ではもっと違った装備のはずです。

それはなぜなら89式は普通の隊員が持って、安定性と高い命中精度が売りなのですが、欠点として不良になりやすい、大きい、拡張性が無い(89式には使いやすくするためのアクセサリーがつけられない)、部品が欠落しやすいです。

大勢いる一般隊員が部品供給や整備のしやすい環境、数で攻める戦い方をするのであれば89式はすばらしい武器です。
ですが前の記事でも述べたように特戦群はそんな一般隊員とは対照的な環境での任務です。だから89式は特戦群ではあまり使われてないと思います。

またヘルメットなどは一般隊員などは岩など固いものが飛んでくるような場所での任務が多いいですが、特戦群は少数精鋭でそんなドンパチやるようなところでの任務は行いません。
したがって特戦群ではヘルメットは不必要であると思います。

では、どんな装備を使っているのでしょうか??

それは次回でのお楽しみということにさせていただきます!!

次回も是非見てください!

つづく

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー