上海植物園(シャンハイジーウーユエン)

みなさん、こんにちわ。
今回は上海植物園を紹介したいと思います。
植物園は、季節によって咲く花が異なります。私は3月に行きましたので、ちょうど花見の時期です。櫻が満載でした。
入り口も花と同様で、季節によって変わりますが、今年は蝶をテーマとしたものが飾られています。

黄母祠
黄母祠は、黄道婆を祀るためにつくったものです。黄道婆は宋代に紡績技術を広めた人で、黄母祠の中には黄道婆が広めた技術の資料や機械などが置いてあります。園内は主に桑、麻、竹、綿など植えられていて、紡績を強調している。

展覧温室
展覧温室に入ると、熱気が顔に襲い掛かかり、まるで熱帯雨林にいるような感覚です。見たことのない植物が沢山いて、みんな独特な形をしています。例えば、ロイヤルパームという名前の植物は高い温度の状態じゃないと育たないとか、植物の名称の下に、説明文もちゃんと書いてあります。

蘭室
蘭室はラン科の花しか植えられていませんが、重点は種類と園内建物です。蘭室の建物は中国の古典風味のものが多く、歴史が好きな方には貯まりません。そして、植えられているランの種類はなんと300以上あります。特別な形をしているものが多く、全く同じ品集だとは思えません。

盆栽庭園
上海植物園の盆栽庭園は中国で最も大きいもので、園内は4フロアに分けられていて、中国でしか見られない盆栽がたくさん見られます。そして、4フロアの一角は博物館で、盆栽の歴史やそれに貢献した人物についても書かれています。

その他
以上で紹介したもの以外にも、独特な形をしているものが沢山あります。
下の図の花は、展覧温室で見かけましたが、これも高い気温でしか生きられません。名前がわからないので、もしわかる方がいらっしゃいましたら、教えていただけると嬉しいです。

次回は遊園地です。是非見てみてください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー