暗い森で命がけの鬼ごっこ「Dead by Daylight」

第3回となるおススメPCゲーム紹介、今回は「Dead by Daylight」を紹介していきたいと思います!

販売元リンク
<https://store.steampowered.com/app/381210/Dead_by_Daylight/>

このゲームは「サバイバー」と呼ばれる4人のチームと「キラー」という1人の鬼という非対称ゲームとなっています。
サバイバーは3人称視点で操作でき、キラーに見つからないようにマップの中にある発電機を一定数修理を行い、脱出口を開き脱出するのが目的となっています。
一方キラーは1人称視点で操作でき、そのサバイバーたちを見つけ出し全滅させることを目標としています。

サバイバーはキラーからの距離に応じて聞こえる「心音距離」を頼りにキラーの接近を感知して隠れたりします。
万が一見つかってしまった場合には障害物などを利用することでキラーをうまく撒く必要が出てきます。
もし捕まってしまった場合にも仲間の助けを求めることが出来るのであきらめないことが大事です。

逆にキラーはいかに発電機の修理を遅らせてサバイバーを捕まえるのかが重要となってきます。
キラーにも様々なキャラがいてそれぞれに合った戦い方があるので自分好みのキラーを見つけるのがいいと思います。

各々の行動をサポートしてくれるスキル「パーク」というものを最大4つまでセットできます。
サバイバーやキラーには探索や発電機修理、索敵などいろいろな効果を持つパークがあります。
例えば、サバイバーなら「キラーが一定範囲内に入ってくると知らせてくれる」「一定時間走る速さにブーストを行う」「キラーに捕まった時に一度だけ逃れることが出来る」などのパークがあります。キラーには「一定範囲内にサバイバーがいたら知らせてくれる」「再攻撃までの時間の短縮」「一定条件下で発電機の修理速度を下げる」などがあります。
これらを組み合わせることで自分好みのキャラを作ることが出来ます。

私は主にキラーを使ってプレイをしていますがその中でよく使うキラーは「トラッパー」と「ピッグ」です。
「トラッパー」とはマップの好きな場所にトラばさみを仕掛けておくことが出来ることが特徴となっています。障害物の前や暗い草むらの中などサバイバーが通りそうなところにわなを仕掛けて置きサバイバーがかかるのを待つといった動きが出来ます。これを利用して助けに来たサバイバーをまとめて確保したりすることもしやすい・・と思います。昔に比べてわなの設置速度も上がり扱いやすくなったと感じます。
「ピッグ」とは映画「SAW」がもととなっているキラーのようです。(私はまだ未視聴です・・)
このキラーはしゃがむことが可能でしゃがんだ状態ではサバイバーへの心音距離が0につまりステルス状態になれます。(姿は普通に見えますし足音もしますが・・)
更にこの状態からは奇襲攻撃を行うことが可能で素早くサバイバーに接近して攻撃!といったことがしやすくなっています。さらに瀕死状態となったサバイバーに「逆トラばさみ」というものを取り付けることが出来ます。この罠は一定条件が達成されるとタイマーが起動します。そしてタイマーが切れると即座にサバイバーをgeme overにできます。そのためサバイバーにこの罠を取り除くことのできる装置まで行って取り除くことを強制できます。罠をつけたまま脱出口から出ようとしてもgame overになる為強力な足止めとなります。設置できる個数は決まっていますがうまく使うととても強いと思います。

紹介していないキラーもたくさんいますが特徴をあげていくと「姿を消すことが出来るキラー」や「一定距離瞬間移動できるキラー」、「投げ斧を投げられるキラー」など沢山います。
サバイバーについてやほかにも説明しきれない機能などいろいろあるので興味を持ったらぜひご自分の目で確かめてみてください!
いつキラーが来るかわからない緊張感やサバイバーを追い詰める高揚感といったいろいろな気分を楽しめると思いますよ?

参考画像元
<https://store.steampowered.com/app/381210/Dead_by_Daylight/>

 
興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー