初めてのソニック

こんにちは、インターン生の財部です。今回は、私が初めて遊んだソニック、ソニックアドベンチャーについて紹介します。
何度も遊んだ思い出深いゲームで、親が気づいてなかった真のエンディングに辿り着いたのが思い出です。
操作キャラクターは、ソニック、テイルス、ナックルズ、エミー、E-102γ、ビッグの6人で、それぞれが主人公の群像劇となっています。
前回紹介したソニックから大きく変わった点として3Dになったことです。
さらにソニックの見た目も等身が上がり、かっこいい感じになりました。声もクールで流暢な英語を混ぜながら喋るなど大きく変化しています。

https://middle-edge.jp/articles/4MORS

ゲームとしても大きく進化していて、アクションステージとアドベンチャーフィールドの2つができました。アドベンチャーフィールドというクリアするステージではなくストーリー中の移動で移動するステージで、キャラクターをパワーアップさせるアイテムが隠れていたり、街の住民などと話せます。アドベンチャーフィールドはBGMもよく、特にミスティックルーインの独特のBGMが私は好きです。さらにチャオガーデンというアドベンチャーフィールドからは入れる場所でチャオの育成ができるのも大きな特徴です。育成には、アクションステージでエッグマンのロボットを倒すと入手できる動物をチャオに渡して動物の羽とか足をチャオがコピーして育てます。育てたチャオはレースに出せるのですがこれがかなり難しく全制覇はまだできてないんですよねえ。ところでチャオガーデンでは、だっこボタンと攻撃ボタンが同じものなのですが、そのせいか知り合いが、誤操作でチャオに攻撃しちゃったのも印象に残ってます。ちなみにチャオはソニックアドベンチャーの敵であるカオスとは大きく関係しています。

http://sonic.sega.jp/sonicadv/chao/chao1009.html

それでは、このゲームで好きな場面を紹介していこうと思います。
アクションステージだとアイスキャップで静かな感じの音楽で洞窟の中を進んでいって洞窟から出ると雪崩が発生して出口にあったスケボーでテンションの高い曲で脱出する所が大好きです。他のステージもですが、ステージを進むとガラッと雰囲気が変わるのが飽きさせない工夫になっていてよくできてるなあて思います。ストーリーだと、E-102γのストーリーが好きですね。彼は、最初はDr.エッグマンの命令に従うロボットなのですが、エミーやカオスエメラルドを持っている小鳥との交流で自我が芽生え始めるんですよ。実は動力になっている動物がカオスエメラルドを持っている小鳥の兄弟で、その動物が影響したんじゃないかてストーリーが何だか好きです。メガドライブ時代から続いた動物が動力源になってる設定を昇華した素晴らしいストーリーでした。ちなみに、γの声優の中田譲治さんのロボット感がありつつも感情を感じる絶妙な演技も素敵でよかったです。

http://sonic.sega.jp/SonicChannel/character/gamma.html

困惑というか何でて面白かった演出だと真のラスボスでOPの曲で最高に盛り上がるのですが、ある程度ダメージを与えると音楽が変わり、何か暗くて勝たせる気がなさそうなBGMに変わったことですね。あと、真のラスボスの演出はソニックジェネレーションズでも再現されてて、これも再現するのと驚き笑いました。ソニックアドベンチャーの遊べるハードはDCとGC、PS3になってます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー