日本留学生大学入学

こんにちは李在又(イ ジェウ)です。
日本留学の経験のテーマで書いている記事の3回目です。宜しくお願い致します。
ついに大学入学する時が近くなりました。入学するまでにはとりあえず日本語が
ある程度できないと面接や入学テストも受けられないので目標大学に入学願書受付
をする一方時間があったら面接練習もしました。日本に来る時のビザは日本語
学校を通うための2年間のビザで、その期間中の大学入学しないとそのまま韓国に
帰国するしかなかったので、私はすごく切実な状況でした。でも、むしろ逆に
切実だからこそ心を空けてもと頑張ってやっで行きました。いよいよ入学試験の
日になりました。私は今まで準備したことを思い出しながら、入学試験と面談
を受けました。そして、私ははらはらしながら結果を待ちました。そして、
結果はやっと合格。私はやっと最初に考えた目標の中で一番はじめの一歩が成功
したことで本当にうれしかったです。ピンチからやっと復活する気分でした。
もちろん、入学金や学費がまだ心配でしたが、両親と私が頑張ってそれも
だいたい何とかなりました。そして、やっと4年間の大学生活が始まりました。
私が入学した大学は3dcgがメインであり、すべてはエンターテイメント!という
ことをモットーにして、デジタルコンテンツを作る人材を養成するところでした。
私は大学入学以後もっと計画的に動かなければならなかったです。大学入学は
ただのスタートラインだけだったので、これからもっと頑張っらないとダメだと
思いました。そして、これからは両親に助けを受けないと決心しました。
これからは私は私の力でに留学生活をすると思いました。もう両親に迷惑を
かけるのは辞めたかったです。日本語学校は卒業するので、日本語学校の寮
から引っ越しもしました。新しい所へ引っ越しもしたし、大学1年が始まりました。
1年生時私がやりたい授業よりは基本的に入っている授業が多くてちょっと不満でした。
あと、留学生に関しては毎年日本語のレベルを確認して、レベルが低い人は日本語
授業を取り、勉強して、またテストをするというシステムで、けっこ厳しい状況でした。
でも、そうしないと授業を取っても意味を分からない状況になってしまいますので、
どちらかと言えば必要なことでした。1年生の授業の中でデッサン、3dcg1、
グラフィックデザインなどの授業がありまして、その授業を取ってそれで私は
少しずつCG勉強をすることができまして嬉しかったでした。
今日ここまでにします。次の記事でまた書きまので宜しくお願いします。
ありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー