仮想通貨について

なぜ私たちは日常生活でビットコインを使用できないのですか?

みんなさん、こんにちは. 今日はビットコインについて話したいと思います。
いろんな仮想通貨の人気が高まっていますが今日はビットコインとして知られている最も古い仮想通貨についての話でございます。
まず、ビットコインとは?
ビットコインは2009年に作成された分散型通貨です。 分散型通貨なので中央銀行やその他の行政は存在していません。 ビットコインネットワークは同等のクライアントネットワークである。 ただし、同等のクライアントネットワークの場合は、保持するべきのデータは分散ストレージに保存する必要があります。 ビットコインのデータストレージはどのように実装されているかと考えると最も信頼性が高く簡単な方法で実装されていると思います。 全てのクライアントが全てのデータのコピーを所有しています。
このデーターを保持する方法はメモリが少ないデバイスには適していませんね。 このためたくさん色んなシンクライアントが作成されています。 しかし、シンクライアントは全ての情報を保持しないため、トランザクションを検証できません。
私たちは日常生活でビットコインを使えない理由があるかと考えるといくつかの理由が出てきますが、今回はビットコインが保持しているデータからの理由を発表したいと思います。
ビットコインはどいうデータを保持しているでしょうか?
ビットコインは保持しているデータが2009年からの全ての取引です。 非常に多いですね。 データーの量は2018年に150ギガバイト以上です。 1つのトランザクションの平均データー量は250バイトになっています。
もし、ビットコインを日常生活で使えば?
現在の日本の人口は約12700万人です、もし、各人1つのトランザクションをすると、トランザクションのデータのサイズがおよそ29ギガバイト増加します。 毎日増加すると多くなりますね。 こんなにたくさんデータを保存するコストも高いと思います。 間違いなく、私たち日常生活でビットコインのような仮想通貨を使うのは難しいです。
もし、全てのトランザクションのデーターを保持しなければ問題がないでしょうか? このポイントを見るとビットコインと違うデザインになると思います。 他の仮想通貨になるじゃないでしょうか?
ですが、ビットコインもの仮想通貨もデータを保持する必要があるため、分散ストレージのデザインは非常に重要だと思います。
これで以上になります。
ご読み頂きありがとうございました。
興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー