転生するとは、一度死ぬことである~『ウロボロスレコード~円環のオーブニル~』

 皆さんこんにちは。インターン生の高橋季良です。今回で二日目になります。今回は、前回に続く形で、web小説のおすすめ作品について紹介します。
 
 今回紹介する作品は、『ウロボロスレコード~円環のオーブニル』です。
 この作品のジャンルは、web小説界隈にて、トップクラスの人気を誇る、異世界転生です。
 これは、何らかの原因で、主人公が死んでしまい、気が付くと、前世の記憶を持ったまま、自分が生きていた世界とは別の世界に生まれ変わってしまうというジャンルです。
 非常に多くの作品が投稿される程人気で、悪く言ってしまえばありきたりなジャンルですが、この作品は、他の作品とは、明確に差別化できる個性があります。
 その個性とは、「狂気」です。これは、この作品最大の魅力点でもあります。
 
 主人公は、一度死に、生まれ変わる直前に、死ぬということを実際に体験し、それを記憶してしまっているのです。
 この作品では、死とは無として描かれており、死ぬことは、自分の記憶や自我等、自分を構成する何もかもが段々と削り取られ、分からなくなり、最終的には何も残らないものとして描かれています。
 主人公は、生まれ変わる直前に、死によって行き着く先が無であるということを見てしまったのです。
 その結果、死がトラウマになり、極端に恐れるようになってしまったのです。
 
 そして、彼は、魔法や錬金術等が存在する、ファンタジーの世界にて、貴族として生まれ変わりました。
 その中でも、極めた先に、不老不死が存在するとされる錬金術に傾向していきます。
 その研究の為、奴隷を購入しては、薬物投与や解剖等の実験を繰り返し、夥しい数の奴隷を殺すようになったのです。
 そして、前世の知識とこの世界での研究の成果をかけ合わせた、結果、魔法を使用しない、脳改造による洗脳を実現させるにまで至りました。
 その後は、脳改造による洗脳を駆使し、忠実な手駒を爆発的に増やし、時に奴隷を購入し、実験体を確保する為、里一つを滅ぼすなど、主人公の狂気は、更に加速していきます。

 また、主人公の、大量の奴隷を購入し、殺しているという行為は、他の貴族にも知れ渡っており、奴隷殺しという異名をつけられ、避けられるようになりました。
 その影響は、家名にまで及び、彼の父や兄も避けられるようになっていました。
 その結果、兄は、主人公に対して、並々ならぬ殺意を抱くようになり、他の貴族と共謀し、自身の結婚までも利用して、主人公を謀殺するべく策を実行します。
 主人公も、その策から逃れる為、多数の犠牲が予想される作戦兼実験を行い、結果として、大きな都市が火の海と化し、六千を超える犠牲者を出す大惨事になりました。
 
このように、転生というシステムそのものの描写とそれによる伝播する狂気を存分に描いた、闇より暗いダークファンタジーである本作、三巻まで書籍化されていますが、現在でもweb上にて無料で読むことが出来ますので、興味を持って頂けた場合には、是非読んでみてください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー