仮面ライダーアギト

こんにちは、インターン生の木村です。
前回は仮面ライダーの能力&設定解説の動画とその投稿者の方について紹介を行いましたが、今回もライダー関係の記事を書き込んでいこうと思っています。

今回自分が紹介するものは、生まれて一番最初に視聴した仮面ライダー、「仮面ライダーアギト」について紹介します。

目覚めろ、その魂! (本番組「仮面ライダーアギト」のキャッチコピーより。)

この仮面ライダーアギトという作品は、未確認生命体第4号(≒前作の仮面ライダークウガ?)が未確認生命体(≒グロンギ)を滅ぼしてから2年後を舞台としているようなのですが、
前作『クウガ』の時間軸と本作品の時間軸は意図的に一致しないように制作されているようです。
(前作の主人公である五代雄介が戦いから解放されたのに、また戦いに巻き込まれて曇らせるのはあんまりだからとクウガのチーフプロデューサーを担当していた高寺重徳氏が反対したとかないとか?)
また、未確認生命体という名称や仮面ライダーG3の外見以外に、前作を連想させる設定なども存在しません。
前作におけるクウガの別称である『未確認生命体第4号』は物語序盤で出てきてはいるものの、一方で『クウガ』や『グロンギ』という言葉やその姿は登場しません。プロデューサーの白倉伸一郎氏は、本作品の世界観は物語開始時点より2年前に『クウガ』のような出来事があったパラレルワールドとしているようです。
さらに付け加えると、本編で登場する仮面ライダー(アギト・ギルス・G3)のデザインはいずれも『クウガ』のデザインを発展させたものであるようです。

引用始め

‐物語のあらすじ‐
“未確認生命体事件”の終息から2年の月日が流れたある日、沖縄県の与那国島海岸に人知を超えた謎の遺物・オーパーツが流れ着いた。
それと同時に各地において、人間には不可能な殺害方法を用いた猟奇的連続殺人事件が発生する。警視庁はこの事件の犯人を、かつて存在していた“未確認生命体”を超える新たなる脅威「アンノウン」と命名し、未確認生命体対策班 (SAUL) に専属捜査を命じた。
そのSAUL所属であり、G3システムの装着員でもある氷川誠は、事件を追う内に犯人が未知の怪物「アンノウン」であることを知る。ある日、そのアンノウンと対峙し無謀にも戦いを挑むものの、未確認生命体を超えるその圧倒的な力の前になすすべも無い。万事休すかと思われたそのとき、金色の謎の戦士・アギトが現れ、洗練された無駄のない合理的な戦い方でG3が苦戦したアンノウンを瞬く間に倒してしまう…。

津上 翔一(つがみ しょういち)/ 仮面ライダーアギト
本作品の主人公。「既に仮面ライダーである男」年齢21歳、4月1日生まれ。
2000年9月27日(劇場版より・あかつき号事件から2週間後)、記憶喪失で波打ち際で倒れていたところを保護され、心理学者・美杉義彦の家に主夫として家庭菜園作りや家事に勤しんでいる青年。
穏和で脳天気かつ少々天然ボケ気味で気分屋でのんびり屋な性格であり、しばしば寒い駄洒落を言って周囲を呆れさせる。そのため、世渡りはあまり上手くない。
自分の価値観でしか物事や人を見られないため、自分にはない他人の弱さを理解できず、その相手によっては(特に氷川に対して)嫌味とも無神経とも取れる発言をしてしまう。(G3‐Xに振り回され、手こずる氷川に対し「猿でも(操作)できる」、記憶喪失に免許は取れないと揚げ足を取る氷川に対し「記憶喪失でも免許は取れるんです。知りませんでした? 勉強不足ですね」)

氷川 誠(ひかわ まこと)/ 仮面ライダーG3 / 仮面ライダーG3-X
「仮面ライダーになろうとする男」年齢23歳。香川県出身。
香川県警より警視庁に転籍し、未確認生命体対策班SAULに配属された警部補。G3およびG3-Xの装着員として、突如として現れたアンノウンによる猟奇事件の捜査に当たる。
香川県警所属時代、翔一が記憶を失った原因である海難事故で、翔一達が乗っていたフェリーボート・あかつき号に嵐の中にもかかわらず乗り移り、乗客・乗員をたった一人で救出している。
常に生真面目な性格で、無骨で不器用。(諸事情でベットを壊してしまった翔一に手伝いとして渡されたノコギリを「へし折る」、絹ごし豆腐を箸で持てずグズグズにするetc…)
しかし、アンノウンを相手に常にひるまず戦い抜く熱血漢としての一面も併せ持つ。さらに、尊敬する存在を美化しすぎてしまう傾向あり。

葦原 涼(あしはら りょう)/ 仮面ライダーギルス
「仮面ライダーになってしまった男」。年齢20歳、1月21日生まれ。
城北大学の学生で、初登場時は水泳部に所属している。無愛想で粗暴だが(翔一や氷川など、劇中の男性登場人物には彼に殴られた者が多い)、性根は優しい性格であり、特に真魚にはとある件で恩義を感じており、彼女からの頼みは基本的に聞き入れている。彼も翔一と同じく、アンノウンを察知する能力を有している。
その能力と変身後の「異形の姿」ゆえに水泳のコーチ・両野耕一や恋人の片平真由美に敬遠され、長らく孤独な日々を過ごす。原因は不明だが女運が非常に悪く、親密になった女性とは最終的に死別するという悲劇的な破局を迎えている。

引用終わり
引用元URL<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%82%AE%E3%83%88

改めて見直してみると、どう考えても子供向けではない裏設定や表現ばっかりで当時の自分は全く理解できずに視聴していたと思います。前作のクウガの殺人表現があまりにも生々しいとクレームがあったため、標的にされた人間に対して実現不可能な殺人表現を行ったとありますが、どう考えてもこっちのほうがクレームが増えると思うのは私だけではないと思います。
劇中で明かされなかった怪人の名前や世界観の説明などを詳しく知りたい方は、前回紹介したゆっくりで能力&設定解説が詳しいので、そちらを参照下さい。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー