私の絵を見てほしい~SNSの使い方~

初めましてこんにちは。
東京しごとセンターの企業見学に参加させていただいている、みやざきと申します。
今回はイラスト描きの自己表現方法について記事を書かせていただきます。

私の趣味は絵を描くことです。
好きなマンガやゲームのキャラのイラストを日夜描きながら生活をしています。
一人で描き続けるのもいいですが、せっかく頑張って描いたのなら誰かに見てもらいたいとは思いませんか?
そして、見てくださった方にコメントなどをいただけたら次の絵を描く活力になることでしょう。
ということで、自分で描いたイラストをいかに多くの方に見ていただくかについて、自己表現の方法を紹介します。
イラスト以外にも応用できるところはあると思いますので、絵を描かない方でも何か感じていただけるのではないでしょうか。

■SNS
ソーシャル・ネットワーキング・サービス。
第一回目のテーマです。
今や一番手っ取り早く簡単に自分を表現できるツールではないかと思います。
TwitterやPIXIV、instagramなどがそれにあたります。
昔は自分でホームページをイチから作成して、サーチエンジンに登録したりなどなかなか地味な作業が多く
苦労してもなかなか伸びない閲覧数に涙したこともありましたが、こちらはアカウントを作成して、作品のキーワードや自分が感じた熱い思いなどをしたためて投稿することで、それを求めて検索している人にヒットして見て頂ける仕組みです。便利な時代になったものです。

 □Twitter

今回は私が主に使用しているTwitterについて書かせていただきます。
 Twitterは140文字までの短いメッセージをつぶやくことができ、その発信者に対して追跡(フォロー)、返信(リプライ)、つぶやきの検索などの機能を
 備えたサービスです。
 
 *フォロー :同じ趣味の人を「フォロー」することにより、自分が好きな作品やキーワードについての情報を得られる機会が増えます。
        フォローされることによって同じ趣味について語り合うこともできます。
        その交流から新しいインスピレーションを得たり、自分の作品をもっと見ていただくきっかけを作ることができるのです。
        そしてフォローされるとその人のタイムラインに登録され、自分が発表した作品をリアルタイムで知ってもらうことができます。
        フォロワーが多い方が見てもらえる可能性が高く、いいねやリツイートの頻度が上がります。

 *いいね  :気に入った作品やツイートに評価をつけることができる機能です。リストにまとめ後から見直すこともできます。
        いいねをされた通知がリアルタイムに届くので、モチベーションが上がります。
        ダイレクトに作品を見てもらえているという実感が得られて良いです。
        見てもらう・評価してもらうというこの記事のテーマにおいて、特に大きなポイントの1つです。

 *リツイート:ツイートを自分のタイムラインに引用して拡散することです。
        自分をフォローしている人以外にも作品を見てもらえる機能です。感動した作品を誰かと共有したいときに使います。
        自分の友達だけではなく、友達の友達にまで噂が伝播していくイメージです。
        自分だけの力はちっぽけでも、他人に評価され拡散されることで見てもらう機会は格段に上がります。
        また、自分で自分のツイートをリツイートすることもでき、繰り返しタイムラインに表示することで、その時タイムラインを
        見ていなかった人にも見てもらう工夫もできます。
        自分が気に入ったものを拡散することが多いので、いいねと並ぶ大きなポイントです。
 

 *キーワード:いくらいい作品を作っても見てもらえないことには何も始まりません。
        そこで検索機能を上手く使い、見てもらえるように働きかけましょう。
        自分の好きなこと、何を思ってその作品を作ったのか。作品のテーマなどを作品と一緒にツイートすると
        それを求めて検索した人にヒットする仕組みです。
        見つけてもらいやすい仕組みを模索しながら、キーワードも作品のうちと考えて作るといいと思います。

SNSを通じて多くの人自分の絵や作品を見てもらうことは、イラストレーターやデザイナーだけでなく多くの人に興味があることかと思います。
私が挙げたのはほんの一例で、様々な考え方があると思います。この記事をきっかけにして何か考えていただける機会になればいいかと思います。
では次回はリアルイベントについてお話させていただきます。

よろしければチャンネル登録、高評価をおねがいいたします!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー