#05 Tom Clancy’s Rainbow Six Siege

こんにちはインターン生の杉浦です。
Tom Clancy’s Rainbow Six Siegeとは、Ubisoft Entertainmentが発売元のFPSゲームです。

(Tom Clancy’s Rainbow Six Siege 公式サイト リンク)
<http://www.ubisoft.co.jp/r6s/>

発売年が2015年なのが驚きで、現在をアップデートやオペレーターの追加を随時行ており、人気のゲームであることをまず、お伝えしたい。また時々ウィークエンドでフリープレイが時々開催されているので、チェックして開催されているときにひとまずプレイしてみるのもいいだろう。

通称は、虹6、R6Sと呼ばれています。
このゲームは特殊部隊となって、それぞれ異なるオペレーターとなってゲームをプレイします。
オンラインではPvP(5人対戦)が基本になります。

ゲームを開始するまでに準備フェーズがあり、攻撃側は小型カメラが付いている陸上操作できるドローンがあり、ドローンを使い、爆弾の位置や、敵のオペレーターが何であるかを把握することが出来ます。

また、ラぺリング(ワイヤー)を使っての壁を宙吊りの状態から屋内に突撃するアクションが用意されていたりもします。
それとこのゲームヘッドショットが一撃で倒れるゲームでもあります。

このゲームではそれぞれ壁をハンマーで壊せるオペレータースレッジや、補強された強化壁に穴をあけ味方の突破口を導き出すテルミット、壁や床を貫通させグレネードを繰り出し、敵を倒したり設置系のシールドやデバイスを破壊できるオペレータFUZEなどがいます。

銃の撃ち合い自体(エイム力)も必要だが、それだけでなく各オペレータののガジェットや能力を味方チームとどう組み合わせるかによっても巧さが変わってくるだろう。戦術面も大事であると言える。

またオペレーターを倒した際に画面上に5 vs 4 のように現状のオペレーターを表示するシステムがなかなか面白い要素であると個人的に思っている。
理由としては、この表示があることによって、危機的状況であることが確認でき、緊張感や場を変えないといけないなと思わせてくれるからである。1試合毎に緊張感があるのは間違いないと私は思います。

ちなみにSiegeという単語の意味は包囲、勝つなどの意味である。
(参考URL)
<http://dic.nicovideo.jp/a/siege>
<https://ejje.weblio.jp/content/siege>

(参考文献一覧)

(4Gamer.net)
<https://www.4gamer.net/games/260/G026035/20161020058/>

(最悪な中毒性。 レインボーシックスシージ評価/感想/レビュー)
<https://runtl.com/rainbow-six-siege-review/>

(私がレインボーシックスシージをすすめるつの理由)
http://k456.hatenablog.com/entry/2016/03/04/001147

(MORE PEOPLE ARE PLAYNIG RAINBOW SIX SIEGE NOW THAN AT LAUNCH)
<http://www.ign.com/articles/2016/08/10/more-people-are-playing-rainbow-six-siege-now-than-at-launch>

(レインボーシックスシージはなぜおもしろい?過疎は進んでいないの?)
https://inetility.com/rainbow-six-siege

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー