シャドウバースの大会など(1)

こんにちは、今回もシャドウバースについてお話します。
シャドバはだいぶ前に話した通り、シャドバはe-sportsとしてかなりの人気を誇るゲームになっています。
それに伴い様々な大会が開かれています。

まず第一に「ランクマッチ」という対戦システムがあります。これはこのゲームの第一目標となります。
ランダムにマッチングする対戦相手に勝利しBP(バトルポイント)を稼いで、ランクを上げていきます。
最初はビギナーからはじまり、D、C、B、A、AAと上がっていきその上はMASTERです。
MASTERになると、BPではなくMP(マスターポイント)に変わります。
MPランキングというものがあり、その月に稼いだMPが高い上位100名のプレイヤーがこれに載ります。MPとランキングは1か月でリセットされます。
新パックが出て次のパックが出るまでの間約3か月間ありますが、この間の1ヶ月を1シーズンとして、
1シーズンで10000MPに達成するとGrandMasterという、MASTERのさらに上の最上位ランクに昇格します。
MPはローテーション、アンリミテッドで分かれています。どちらともBP、MPが別々に存在するのでGrandMasterは同時期に2つ取得できます。
さらに、ローテーション、アンリミテッドそれぞれ、クラス別勝利数というランキングも存在します。これはランクに関係しません。上位100名まで表示されます。
このランキングは常に更新されていくので、現在の環境で勝ち上がっているクラスを確認する指標として見ることもできます。

そして一番の大型大会が「RAGE」です。賞金総額は1千万円で、優勝者は400万円というとても大きな大会です。
初めて行われたのは2016年10月22日、23日でした。会場はサンシャインシティでした。自分はまだシャドバを始めていない時期です。
約3か月ごとに、新パックの環境に合わせてRAGEが開かれています。現在は幕張メッセやビッグサイトの会場で行われます。
ローテーション、アンリミテッドに分かれた後、本大会ではローテーションが採用されています。新カードもローテーションに合わせて開発されているからです。
参加者はRAGE 2018 Autumnでは、東予選5500人、西予選3300人、合計8800人でした。
この大会は、Day1、Day2、グランドファイナルと3日に分かれて進行していきます。グランドファイナルはDay2から期間を開けて開催されます。
Day1では、6戦して5勝1敗以上でDay2へ進出できます。2018 Autumnの進出人数は東予選5500人中わずか504人だったらしいです。2018 Autumn以前は5戦4-1以上で進出でした。
Day2では、7戦して5-2からマネーフィニッシュで最低賞金が1万円出ます。6-1以上でプレーオフトーナメント進出です。
マネーフィニッシュ人数は約50人、プレーオフ進出人数はわずか20人ちょっとです。東予選ではファイナリストの枠が5名だったので、トーナメントが5つありました。
西予選から3名のファイナリストが出た後、1か月後に行われるグランドファイナルで優勝者が決まるというわけです。
グランドファイナルはすべてBO5というルールで行われ、全ての試合がOPENREC.tvで配信されます。
OPENREC.tv【https://www.openrec.tv/】 RAGE【https://rage-esports.jp/

次回は別の大会などを紹介していきます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー