日本のYouTuber登録者ランキングTop10(第4位)

こんにちは、インターンシップ生の椎林です。
今回は、前回に引き続き計10回に分けてお送りしている日本人YouTuberの登録者ランキングTop10の第4位を発表していきます。
ちなみに本データは前回と同じ2018年08月06日付けです。

ではさっそく紹介していきたいと思います。
第4位は「Fischer’s-フィッシャーズ-」さんです。おめでとうございます。

その数なんと約483万1000人です。
そして動画再生回数は驚くことにあのHikakinさんを超え51憶1440万回もあり、動画本数は1600本にもなります。

では今から「Fischer’s-フィッシャーズ-」さんが日本のYouTube界で成功した秘訣についてみていきましょう。

まず初めに1つ目です。
1つ目は、「Fischer’s-フィッシャーズ-」の本人たちがおっしゃっているように、思い出系ネットパフォーマー集団だからです。
皆さんは街中で歩いているときに路上で大道芸などをやっているパフォーマーをみたことはありますか?
私は何度かあります。
そこでついつい立ち止まって見てしまいます。
なぜなら、パフォーマーというのは普通の人はできないようなことをやるからです。
そのため、ついつい見てしまうのです。
「Fischer’s-フィッシャーズ-」さんのチャンネルでは、アスレチックなどといった動画にかなりの定評があり、とても人気があります。
このようなパフォーマンスを意識した動画を投稿することでここまでチャンネル登録者数が増えたのです。

次に2つ目です。
2つ目は、歌を出していることです。
歌には中毒性があるので、何度も聞いてしまいます。
そのため「Fischer’s-フィッシャーズ-」さんたちがあげた動画の中でもMusic Video関係の動画では、非常に多くの人が視聴しています。
つまり、この音楽関係の動画からも登録者が増えていってるのです。

最後に3つ目です。
3つ目は一度ファンになった人を一生ファンで居させる帰属意識を高く持たせていることです。よく言えば、オリジナリティが溢れているといえます。
「Fischer’s-フィッシャーズ-」さんたちは自分たちだけで使用するオリジナルの造語をいくつも作り出しています。
一番有名なのが「ウオタミ」であり、おもにフィッシャーズさんのファンの名称に使用されています。
この他にも、「それな」と同じ意味を持つ「存ず」や、「リクエスト」と同じ意味を持つ「依頼」などがあります。
このように、一度ファンになった人をずっとキープさせるような取り組みのおかげで、ここまで人気が出たと考えられます。

最後にまとめると、「Fischer’s-フィッシャーズ-」さんたちは、他のチャンネルにはないオリジナリティがあるおかげで、チャンネル登録者数がここまで伸びたと言えます。

「Fischer’s-フィッシャーズ-」さんについてもっと語ろうと思えば語れますが、本日はここらへんで終わりたいと思います。
最後までご視聴ありがとうございました。
次回は登録者ランキング3位でお会いしましょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー