マーリン

こんにちは、インターンシップ生の野鳥です。
前回に引き続きFGOのキャラクター紹介をさせていただきます。

今回は、マーリンを紹介します。
FGOでは、サポートサーヴァントとしては最強のキャラで有名です。

アーサー王伝説では、ブリテンを治めたアルトリアを導く存在。
ウェールズ王妃と夢魔の間に生まれた混血児であり、滅び行くブリテンを救うため先王ウーサーの提案に乗り、赤き竜の化身たる理想の王を作った。
アルトリアが竜の因子を持って生まれたのは彼の計らいによるモノ。誕生したアルトリアを約定によって父王から譲り受け、騎士エクターの下で育てる。
ブリテンの王となる運命を背負ったアルトリアが岩に刺さった選定の剣を抜く際に現われ、王の運命を告げる。彼女が王となって以降は、そのサポートにつく。

アルトリアの治世に永く携わったが、彼女のローマ遠征に際して、 手を出したタチの悪い妖精に狙われアヴァロンへと逃げ、そこに仕掛けられた塔に幽閉された。
同地でカムランの戦いを眺め、アルトリアの契約とその結果を見届ける。
塔から抜け出すこともできたが、遊び気分でひとりの少女の運命に関わった事に思うことがあるのか、生きたまま己の罪を見続ける道を選び、彼自身が塔を永久に封印。
最早永遠に出ることも死ぬこともできず、座に上がり英霊となることもない。何にも関われない存在として塔の中で一人、惑星の終わるその日まで、今も生きて世界を眺めている。

後に世界有数のキングメイカーと評される程に、彼は人間にとって良き時代を作るために多くの王を育てた。
常に笑顔を絶やさず、人々の営みを楽しみ、花のような統治を目指し、そうした彼の姿は周囲の目には好青年と映っていた。
現在の世界の全てを把握できる『千里眼』を有していることも相まって、マーリンにとって世界は一枚の絵のようにしか見えていない。
マーリンは彼にとって“美しい”ものを愛しており、彼の求める“美しい絵”が、たまたま“人類のハッピーエンド”であった。
彼はそうした“人間の遺す結果”を好いており、その好みとしてハッピーエンドになるよう人間に肩入れしていたに過ぎず、それを作り出す人間そのものには全く感情移入できず、本質的に愛すこともできなかった。
マーリン自身もそれを酷いことだとは理解していたが、それこそが夢魔の性質であるため変えることもできず、また、理解していてもそこに罪の意識は無かった。マーリンは人間に手を貸し、王を作るだけ。
それによって国がどうなろうと彼に責任はないし、何の罪悪感も感じていなかった。

クラスは、キャスター。マーリンが最強サポートサーヴァントであることは、一つ一つのスキルがすべて宝具に等しいことであることです。
「英雄作成」は味方単体のバスターアアップ、クリティカルアップ、HPアップを一気に付与します。
バスターアップの最大倍率は50%で3ターン、クリティカルの方は1ターン限りですが100%upします。

「幻術」は、味方全体に無敵付与、スター発生率up、敵全体のクリティカル発生率をdownをします。敵の宝具に合わせて、「幻術」を使うことによって宝具をふせげます。

宝具は、味方に全体に毎ターンHP回復とNP獲得、自身にスター獲得状態を付与状態を獲得します。
持続時間が5ターンと長いため、効果を二重に付与することが可能になり、長期戦ができます。
wマーリンによる相乗効果は、とてつもないです。

このように1体ですべての効果を持っていることにより、弱点が少ないです。マーリンがスキルマの人をたくさんみます。
また、パーティ編成の時、誰ともでも組み合わせるても相性がいいです。
最近の高難易度は、相手の宝具でパーティ全体が全滅してしまうためマーリンを持っていることが前提であり、マーリンが苦手とする強化解除、無敵貫通、ランダム即死があります。

FGOの高難易度をやるうえでパーティにいるだけで、心強いサーヴァントはマーリンでしょう。
期間限定サーヴァントであるため入手は困難でしょうが、ピックアップが来たら必ず引くと良いでしょう。

今回の紹介は、ここまでとさせていただきます。
ご視聴ありがとうございます。

https://typemoon.wiki.cre.jp/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー