マレーシアと日本の違いところ第四話

こんにちは、
ハリス ガン と申します。
テーマは私の母国マレーシアと日本の違う所です。
本日は四日の記事がはじめます。

第四話 食べ物

これは皆さんの大好きなお話と思います。
前の記事と比べこの話はすごっく長くとおもいます。

まずは食材:

ほとんどのマレーシア料理にからいが味が強いタイ国少し同じ、日本のカレーの辛さと比べ、激辛よりもっと地獄のような辛さがあります。ほとんどとがらしがよくつかっています、色々な種類もあるから、でも一番気を付けのはすごっく小さなとがらし、母国の言語でチリパディ特に緑/青い色の方は舌に危険です。

日本と同じごはん/ライスはマレーシアの主食です。
ただおかずと一緒だけではなくで圧縮米こんあのはやしの乳で調理された、もう一つの調理方法は日本のもちと少し似てるだが米の形はまだのこっています、それはもち米、これはよくカレーと一緒食べ方が良くてそのままでも甘いの調理方もあります。さらにおかゆとしてたべられます、でも普通のおかゆじゃないです。

めんのラーメンもマレーシアのもう一つの主食特にマレーシアの中華料理、日本と比べ、種類がもっとあります。

パン。マレーシアのは小麦を作物出来ないで小麦は実にマレーシアのロティチャナイを作られる。まんじゅうのきじも利用しています。

豚肉以外ほとんどの哺乳肉はイスラームの支配的で公的な宗教に合致するように、ハラルの基準に従って扱われます。
日本と比べ魚食より、哺乳肉がよくつかっています。

日本と比べマレーシアが様々なエキゾチックトロピカル果物がたくさんあります。果物はよく漬物になってエキゾチックなフルーツサラダにも作る。

クエーというのはマレーシアのお菓子というものです。概念はケーキ、クッキー、ペストリーそして甘い肉類の別種類です。よく蒸しとか揚げるとか、ごはん/米に基づいていました。

ここから、マレーシアの民族の料理文化を話します。

まずはマレー系の料理は
マレーシアのマレー系、インドネシア、シンガポール、ブルネイ、南タイそしてフィリピンの伝統料理でその他の東南アジアのやり方もまざっています。様々なマレーシアの地方に
ユニークな、または特製の料理があります。
マレー系の主な特徴寛大な使用スパイスとやしのミルクです。ほとんどのマレー系の料理は米/ごはんと一緒に食べて伝統的に食器の代わりに手でつかいます。

次は中国系の料理です。
中国系の移民とその子孫はマレーシア文化の影響で中国の伝統料理に変更されて伝統さがまだ残っています。
中華の料理がマレーシア中国系の公共の中に見つかれています、特に路傍の屋台、鷹匠。マレーシアはイスラムの国ですが豚肉がまだ使えていますがマレー系に豚肉の代わりに鶏肉をよく使います。一部の中華店がハラル認定しています。

インド系はほとんど南インドとスリランカから影響されています。普通のマレーシアインド料理はカレー葉、全体と粉末のスパイス、そして色々な自然のやしを使っています。ギーはインドのバターと料理油としてよく利用しています。

サラワク料理が
マレーシアにめったに見つからない程がある。
サラワク料理は辛味が少なく、味が微妙で自然なシーフードとハーブを好かっています。食材は簡単に入手できるだけでなく、香り、テクスチャー、新鮮さを料理に加えることができます。

他の所があるけど、これで限界に説明ができます。

食べてみたいなら
日本にマレーシアのレストランがあります。
現在の場所は

渋谷
http://www.malayasiancuisine.com/

池袋
https://www.malaychan-dua.jp/

十条(埼京線) 
https://www.bakuteh.jp/

第四の記事は以上になります。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー