工業mod初心者必見!陥りやすい注意点

前回までは工業modの魅力をお伝えしてきましたが、
今回は工業modの陥りやすい注意点についてお伝えしていきたいと思います。

また、どの工業modにも言えることなのですが、パソコンへの負荷がかかるので、それなりのスペックを要します。

工業化を進めていくうちに通常時より大量にメモリを使用していきます。
実は、Minecraftは初期設定だと使用できるメモリは1GBまでの設定になっています。
この設定のままだとmod無しの環境でも少し遊んだだけでカクついてまともにプレイできなくなる可能性があります。

もちろん解決策はあります。

まず、自分のパソコンのメモリ容量に空きがあるかを確認してください。
※タスクマネージャーのパフォーマンスから確認できます。
次にMinecraft のランチャーの起動オプションを開き、高度な設定を有効にするをONにしてください。
注意事項が出てきますが、気にせずOKを押してください。
設定を変更したい項目を選んでください。開くとJVMの引数という項目があるのでONにしてください。
隣に色々書かれていますが、変えるのはたった一カ所のみです。一番先頭の部分に-Xmx1GBと記載されていると思うのですが
この部分を-Xmx4GBというように書き換えるだけです。あとは、保存をしていつものようにMinecraftを起動してみてください。
違いが実感できる筈です。

ここからは、mod毎に気を付けるべき点です。

1.BildCraft(BC)… 進めていくと露天掘り機を稼働をして資源調達をすると思いますが、いくつか落とし穴があります。
一つ目に、範囲指定の方法です。もちろんデフォルトでも設定されているのでそのまま使用してもいいのですが、
どうせだったらより広い範囲を指定したいですよね?その場合範囲マーカーという専用のアイテムが必要になるのですが、
事前に範囲を指定しなければなりません。位置がずれたり最大範囲外にマーカーを置いても意味はありません。
では、どうやって範囲確認すればよいかですが、範囲マーカーにレッドストーン信号を送ってください。
方法は何でもよいですがレバーがコスト的にオススメです。そうすると赤いレーザーのようなものが出てきますのでそれを頼りに、
幅と奥行きを指定してください。露天掘り機の場合高さの指定は不要です。フィラーやビルダーの場合は高さ指定が必要になりますが、
今のところ追加されていないようなので上記の方法だけ、とりあえずは覚えていれば良いかと思います。また、設置の際に範囲マーカーは全てアイテム化してしまう点も注意が必要です。

2.IndustrialCraft2ex(IC2) … このmodでは核燃料で発電することが出来ます。勘のいい方はお気付きでしょうが、一歩間違えると大惨事です。冗談ではなくクレーターが出来るレベルの災害です。また、発電に必要なウランは専用の防具を装備していない状態でインベントリ内に入れるとダメージを受けるので注意してください。そういう意味では一番リアリティーのあるmodだと言えます。
また、このmodで追加される装置類は基本的に専用のツールではないと撤去できません。つるはしで無理やり撤去すると基本マシン筐体になって戻ってきます。なので必ず専用ツールを使用してください。

3.EnderIO … このmodでの注意点はバージョンごとに大きく仕様変更や、新要素の追加、削除が行われている点です。
以前のバージョンとの根本から違うということが多々あるので、レシピをその都度確認することを推奨します。今後のアップデートが一番楽しみなmodですね。また、クラフトに経験値を要求されることもあるので、早めに解決しておくとスムーズに進められます。
また、このmodで追加されるmob処理用の装置はプレイヤーにも効果が及ぶので、注意してください。

4.AppliedEnergistics(AE) … このmodの注意点としてはこのmod独自のチャンネルという概念を把握しておかないとならない点です。チャンネルとは平たくいえばMEコントローラの一面あたりの接続できる装置の数です。最大接続可能チャンネル数以上接続しても装置が認識してもらえないので注意しましょう。また、ME倉庫を稼働させるには電力が必要なのですが、AE単体だと発電機が1種類のみで選択の幅が狭いので、他の工業modと一緒に入れることをオススメします。また、一度使うとこれ無しではMinecraftが出来なくなるくらい便利なのでそういう面でも注意が必要ですかね。

まだまだ紹介したいのですが、今回はこの辺で終わりたいと思います。少しでも工業modの良さが伝われば幸いです。
ではまた次回の記事でお会いしましょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー