目線を変えてゲームプレイ

皆さんこんにちは、プランナー志望の大貫です。
今回は目線を変えてゲームプレイについてお話します。
ゲームプランナーを目指すにあたりゲーム知識を広く知ることは大切で、説明する時などに役立ちます。例えばレースゲームで他のキャラの後ろを走っていると加速する仕様があるよねっと言われた時に何それ?ってなると事細かに説明しなければならなくなります。ちなみに例えに使った内容はマリオカートの仕様になります。このように他のゲームシステムを参考にしたり、説明を簡略化させたりすることができます。ゲームを楽しむだけでなく、なんでステータスが上がったんだろうや上手いプレイヤーはどう操作してるんだろうなど視野を広げてみてください。それはゲームシステムの理解と腕前が上がる事ができる道だからです。
視野を広げるに至って、好きなゲームや興味を持ったゲームをプレイしていくのもいいのですが、自分が苦手なゲームに手を出してみて下さい。知れる知識の幅が広いのでオススメです。例をあげますと自分はシューティング系のゲームが苦手です。ゲームによっては照準を自動的に合わせてくれますが、自分で照準を合わせて撃つのが難しそうでやらなかったジャンルでした。そこで苦手を減らそうとスプラトゥーン2に挑戦しました。ストーリーを進めるためにステージを夢中で攻略していくうちに腕前が上がりましたし、自分のゲーム知識がかなり増えました。照準をあわせるために手動以外に加速度センサーやジャイロセンサーを使って狙えるとはやってみるまで知らない情報でした。
このようにゲーム知識を広げればゲームプランナーとしての活躍を促進できます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー