エレキギター入門講座 エレキギターを知ろう!

こんにちは、インターン生の竹橋です。

皆さんはどんな趣味をお持ちですか? そもそも趣味がないなんてことはありませんか?
そんな時!是非お勧めしたい趣味はエレキギターです!!
まず趣味は?と聞かれた時に「ギターです」なんて言えて、実際に即興で演奏なんかできたらめちゃくちゃかっこよくないですか?

しかし、「そもそもそれなりに値段がしてしまうのではないか?」「何から始めていいかさっぱりわからない」「どンな曲が弾きやすい?」 といった、疑問や挫折要素が多くあげられるでしょう。 全く問題はありません!それをこれから証明していこうと思います。

さてその前に、エレキギターについて紹介していきたいと思います。 私的解釈ではありますが、エレキギターは、よくシンガーソングライターさんたちが路上ライブをしている時に使われているギターではなく、ノリノリの曲、激しい曲、心が躍るような曲。そう、すなわちロックで使われるギターです。
アンプという機械にシールドという線でギターとアンプをつなぎ、弾いた音をアンプによって増幅させます。アンプにもひずませたり、フラットな音に切り替えることもできますが、エフェクターという機械を用いると多種多様などんな曲にでも合わせられる音を作ることが可能です。それがエレクトリックギター、エレキギターの特徴であり魅力でもあります。

それでは先ほど述べた疑問について解決していきたいと思います。
まずは値段から申し上げますと、ギターだけなら安い物であれば5千円で買えます。といってもやはりアンプにつなげて大きな音で演奏したい!となると、アンプもシールドもとなってきますが、その他の引くための道具であるピックや弦もこみこみの値段でなんと、1万円から2万円弱でそろえることができます。 しかし「安いギターじゃ何か嫌だ」「めちゃくちゃかっこいいギターが欲しい」「憧れのギターリストのような音を出したい」となるとギター一本数百万というものもありますから、ピンキリになります。 ただこれだけは断言できます。どんなに安いギターだろうが、腕が上達すればさほど変わりません。
昔テレビでごく普通のバイオリンとそのバイオリンの何十倍もする値段のバイオリンを演奏して、どちらが高いほうのバイオリンですか?という企画があった。視聴者である私も、実際に生で聞いてる出演者も当てることが出来なかった。 つまりそういうことなんです、楽器は見せ方によって決まります。 これではあたかも、最初は安い物を買えと言っているように聞こえてしまいそうなので、一言付け加えておきます。私が購入したギターは6万円しました。一目ぼれでした。 だってかっこよかったんですもの。しかし、それでいいんです。むしろ少し高いギターを買ったほうが愛着がわくものです。

続いての疑問に移っていきたいと思います。 何から始めればいいか?ですね。 まずは、ギター博士になりましょう。つまりはギターがどういったパーツで構成されているかを知りましょう。 ギターには、ペグ、ヘッド、ナット、フィンガーボード(指板)、フレット、ネック、ピックアップ、ピックアップセレクター、ピックガード、ボディ、ブリッジ、ノブ、ジャックなどと言ったパーツでできています。
参考サイト「http://gitafan.com/eg/4594/
なんだかよくわからない単語がたくさんありますね。しかしなにかと知っておかないと厳しい場面が出てきます。そこで重要パーツの紹介をしていきます。まずはペグから。これは弦を張る時に音を合わせる、すなわちチューニングする時に使います。そしてフレット、簡単に言ってしまえばピアノの鍵盤のドレミファソラシドです。押さえる場所によって奏でられる音が変わります。ネックの部分から1フレット、2フレット、3フレット、、、。となります。弦は基本的な6弦ギターですと一番太い弦が6弦で、一番細い弦が1弦となります。
そのほかには、ジャックにシールドをつなぎアンプで音を出すためにノブで音の大小やトーンを調整することができます。 少しギター博士に近づいたところで、さっそく弾いていきましょう。(既にチューニングしたものとする) と、急ぎたいところですが、ピックには持ち方があり、押さえ方があり、弾き方もあります。実際この3点が分からないとうまく演奏できないと思います。 ピックの持ち方といたしましては、通常のピックの形はおにぎりのような形になっております。自分の体の方にとがっている部分を向けるように親指と人差し指で持ちましょう。持つ際に力みすぎてしまうと弦に引っ掛かってしまいうまく弾けないので優しく持ちましょう。 フレットの押さえ方にいたしましては、できるだけフレットに垂直になるように押さえましょう。さらにはできるだけ指の先で引くことがベストです。はじめのうちは弦は細い物なので、皮がむけていたくなってしまうこともありますが、何度もそれを繰り返すと指先が固くなり、痛みを感じなくなります。ギターを弾いている友達がいたら指先を触らせてもらうととても分かりやすいと思います(笑) そして最後に弾き方についてですね。右利きであれば左手でフレットを押さえ、右手でピックを持ち弾きます。左利きはその逆です。弾いてるのを見ると腕を上下に振って弾いてるような感じもしますが、腕を振って引いてしまうと、疲労がとてもたまるうえにテンポの速い曲になればなるほど限界が来ます。よって手首を最大限に利用します。イメージとしては準備体操の手首足首で行うあのぶらぶらとさせる動作でコツをつかんでいただけると嬉しいです。 なんとなく弾き方がわかったら、せっかくギターを買ったのに全然曲が弾けないじゃないかと思っている方いらっしゃると思います。お待たせいたしました。ついに弾きます。 しかし・・・。楽譜を買います。開きます。見ます。楽譜の読み方がわかりません。読めたとしても指が全然ゆうことを聞きません。 残念ながらこうなってしまうと思いおます。 よって弾くためには運指練習というものが必要となってきます。これは指を使う楽器には避けては通れないものですね。 運指練習をしていくと次第に曲らしきものが弾けるようになって来ると思います。 正直ここが挫折ポイントでもあるかもしれません。 しかしそこまですらすら動かなくともほとんどの曲が弾けることをご存知でしょうか? そこで登場するのがコードと言われるものです。このコードを覚えることで一気にレパートリーの幅が広がることは間違いなしです!
次回はコードについて紹介いたします。お楽しみに!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー