テニスの歴史について

こんにちは、初めまして、インターンシップ生の薮崎です。今回初めての紹介になります。私は、テニスが趣味で、休日なども実際にやっているため、テニスについて紹介していきたいと思います。

今回はテニスの歴史について説明していきたいと思います。

テニスといっても、そもそも「いつの時代から始まったのか?」「どこの国から始まったのか?」「どのような形態で始まっていったのか?」といったいくつもの疑問があるでしょう。その疑問についてこれから述べていきます。

まず、起源についてで、紀元前15世紀からで、壁に球を打っている人々の姿が発見されたのが始まりとされているようです。その後に、8世紀から11世紀にかけてイスラム教徒が宗教的な意味合いも込めて始められたようです。その後に、12世紀で僧院にも広まっていき、14世紀でラケットの形が作られ、16世紀でガットが張られて、現在のラケットの形が出来上がったようです。その後に、18世紀から19世紀にかけて、ステッキという呼び名がついて、ステッキの生地にフェルトが導入され、同時期にボールもフェルトカバーボールと呼ばれるものが導入されたとされている。その後に、19世紀後半で最終的なテニスコートと呼ばれるものが建設されて、それにより、国境を越えて対抗戦と呼ばれるものが開催されて今のテニスの形が発展していったとされとされています。このことについて、自分もよくテニスをするのですが、起源については、知らないことが多く、昭和時代辺りから始まっていったのではないかと思っていたので、紀元前15世紀と知って驚きました。また、イスラム教徒が宗教的な意味合いも込めて、テニスをしていたことについても、驚きを感じました。さらに、今では、当たり前とされているフェルトの生地についても、19世紀ごろまでは導入されていなかったことについても驚きました。さらに、最終的なテニスコートの完成に至ったのが19世紀の後半であるということに、結構な時間を要して大変だったと、痛感しました。

次に、どこの国から始まっていったかについてで、最初はエジプトから始まっていったようで、これも先ほど述べたようにイスラム教の宗教的な意味合いから始められたようです。その後に、フランスに広まっていき、これは貴族の遊びとして広まっていったようです。また、フランス人の間では、ジュ・ド・ポーム「掌の遊戯」と変わった呼ばれ方をしていたようです。その後に、アメリカにも広まっていき、コート・テニス「宮廷のテニス」とも呼ばれて、上流階級の人たちが嗜むようになってようになっていったようです。その後に、イギリスでも広がっていき、アマチュアの大会が開かれるまでに成長していったようです。その後に、日本などのアジアにも広まっていき、現在のような世界的にが発展していくようになっていったようです。そして、全世界に発展を遂げたのちに、アメリカで、全米オープンと呼ばれるものが開催され、テニスが世界的に有名なスポーツへとなっていったようです。このことについて、自分は、エジプトから広まっていったとは、知りませんでした。イメージ的に、一番大きな大会が全米オープンであることから、
アメリカではないのかと、勝手に予想していたので、驚きを感じました。また、フランスやアメリカなどで、変わった呼び方をしていて、その呼び方から、当時どのような身分の人たちがテニスをしていたのかを、知ることが出来て、非常に興味深い内容であると感じました。

最後に、どのような形態で始まっていったのかについてで、最初は複数の人が互いに1つのボールを打ち合うという形から始まっており、コートなども存在していなく、誰もが簡単にできる親しみやすいスポーツとして、知られていたようです。また、当時は「テニス」という名称が存在しておらず、「テニス」の名称の原型はフランスからで、攻守交代の際に命令形で、「トゥネス!」と言ったこととされています。また、同じくフランス人同士の掛け声、で「トゥネス」を動詞にした掛け声、「トゥネ」という言葉で、日本語で言うと「取ってみろ」という意味になっているようだ。また、今ではほとんど見ないが、手袋を使用していた時もあったようだ。理由としては、昔は、ボールの素材が固形物を皮で覆ったものとされていて、重さが重く、とても手袋なしでは、手を痛めてしまう可能性が高かったためである。現在では、ゴムボールが主流になってほとんど使用しなくなっていったのである。このことについて、自分は、テニスの名称の由来は、コートの形から来ているのかと思っていたため、まさか、掛け声から来ているとは思いませんでした。また、手袋を使用していたことも初めて知り、今のテニスボールでできていることに、幸せを感じることが出来ました。

URL元 ウイキペディア http://ja.m.wikipedia.org

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー