特撮作品紹介7 「ウルトラマンオーブ」

こんにちは!インターシップ生の田中です。

今回も自分の趣味である特撮作品を一つ紹介していきたいと思います。

今回紹介する作品は2016年から放送されていた「ウルトラマンオーブ」です。

この物語はある日、夢野ナオミが立ち上げた怪奇現象追跡サイトSSP(サムシングサーチピープル)が竜巻の発生現場に行くと、巨大なUMAに遭遇し危機に落ちてしまう。そこに現れた風来坊・クレナイ ガイによって助けられる。そんなガイの正体はウルトラマンオーブであり、歴代のウルトラマンの力を借りて戦っていくという内容になっています。

クレナイ ガイは風来坊なので放浪しているのですが、怪獣や宇宙人が襲ってきたときには颯爽と現れて助けてくれるといった正にヒーローといったようなキャラになっています。しかしそんな彼も過去に起きた事件によってトラウマを抱えてしまい、自身本来の力を使うことができません。その為、歴代のウルトラマンの力を借りることで戦っていきます。この作品の見どころとしてはそんなガイがどのように過去のトラウマを超えていくのかも見どころの一つです。

そんなガイとたびたび遭遇するのが夢野ナオミが立ち上げたSSPです。メンバーはSSPを立ち上げた本人である夢野ナオミ、お調子者でカメラなどを担当する早見ジェッタ、博士号を持つがあまりにも独創的な発明によって理解してもらえない松戸シンの三人となっています。この組織は防衛組織ではなく一般人がやっている調査チームである為、何かあるたびに首を突っ込んで行って危機に巻き込まれたところをガイに助けられてしまいます。しかし次第にガイと打ち解けていき、次第にはガイがほぼ住み込みでいるような状態になるなどガイにとってもかけがえのない存在になっていきます。

そしてクレナイガイにはライバルがいて、彼の名をジャグラス ジャグラーと言います。彼は元々ガイと一緒に戦う仲間であったが過去の事情により決別。そして今はガイに敵対しながら裏で怪獣を復活させたりなど暗躍しています。さらにナオミに対して背後から現れ、肩に顎を載せたり、敵対しながらもガイに固着しているようなシーンがあったりなど悪役でありながら独特の個性を発揮し、作品内でも人気のキャラクターとなっています。

これまで紹介したようにこのウルトラマンオーブという作品には様々な個性をもったキャラクターがいて、彼らが織りなすドラマは見ていて印象に残り、キャラクターが好きになる作品だと思うので気になったら是非見て下さい。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー