未来大の周辺ってどうなっているの?

地元の都道府県が全国放送で出ていたらつい番組を見てしまう、インターン生の佐藤です。

10回に分けてはこだて未来大学などについてしゃべっていく、
第6回の今回は未来大の周辺にある施設の紹介をしていきたいと思います。

第1回に書いてましたが、未来大は函館山とは反対側の丘に建っています。googleマップなどで見ればわかるのですが、未来大の周辺には
自然が多く施設がないのです。コンビニも1キロ近く離れた位置にようやく1件あるので行きか帰りかの時にしか利用ができないです。そして、
数少ない周辺の施設である、「道南四季の杜公園」という場所をご紹介いたします。

四季の杜公園は、未来大学の北側にある公園で、バスが夏季(春から秋)にかけて運行しています。最寄りは「道南四季の杜公園」で、
「はこだて未来大学」のバス停も通る函館バスの105系統が通っています。未来大と同じように丘の上にある公園で、時々、体験型の
イベントなども開催される施設です。ここは、9時から17時まで開園していますが、一部施設は10時から16時まで開放されています。
そして、この施設は
引用始め
北海道初となるヒースの大規模な花壇がある「花の丘」、子供たちが楽しめる大型遊具がある「野原の丘」、
水田があり里山の風景が広がる「小川の里」、自然豊かな森林が広がる「里の森」
引用終わり
(引用元URL: https://www.hakobura.jp/db/db-fun/2011/04/post-72.html)
といったように、4つのゾーンに分かれています。ここには野外・屋内遊具や、4人乗りの「ファンシーサイクル」なるものもあります。
この施設では、予約等を入れると土日に炉が借りれられ、BBQを楽しむこともできます。ただし、炭などの炉以外の物は自分たちで
用意する必要があります。また、自然の中で散歩もすることが出来たり、ピクニックにはもってこいの場所です。
また、丘の上に公園があるので、施設内にある「丘の家」という場所の展望デッキから函館市街や津軽海峡を望むことができます。
しかし、注意すべきなのは、冬の期間(11月~3月)です!この期間はバスも通らない時期で、かつ、野外遊具やBBQを楽しむことが
できないので注意してください。

ここはどちらかというと、学生じゃなく子供連れの家族向けですが、一度は訪れてみてはどうでしょうか。結構気持ちがリフレッシュするかもしれません。
ただし、未来大の周辺のように自然が豊かな公園なので、虫刺されなどには気を付けてください!

次回は、未来大のある函館市、またはその周辺の街の学生向けの休日を過ごすのにおすすめなスポットを4回に分けて地域別に紹介していきます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー