ソニックヒーローズとシャドウ・ザ・ヘッジホッグ、ソニック・ザ・ヘッジホッグ(2006)について

こんにちは!インターン生の財部です。今回は、3つのゲームを紹介します。
まず、ソニックヒーローズの紹介をします。ソニックヒーローズは3人を切り替えながら進んでいくゲームです。例えば、ソニック、ナックルズ、テイルスで1チームになっています。
このゲームはソニックアドベンチャーシリーズと比べるとステージが長く、難しくなっています。難しくて印象に残っているステージは沢山ありますが、その中でもクリアできなくて諦めそうになったステージがロストジャングルです。ステージの終盤に巨大ワニが追いかけてきてツタをつかみながら進むのですがタイミングがシビアで何度も落下死してどうやってクリアしたのか覚えてなかったりします。ソニックヒーローズで心残りなのがスペシャルステージを完全クリアできずに真のラスボスと戦えてないことです。機会があればまた遊びたいなあと思っています。

次に、シャドウ・ザ・ヘッジホッグの紹介をします。シャドウ・ザ・ヘッジホッグはシャドウを主人公としたスピンオフ作品で、シャドウの謎が明らかになったりします。
ゲームシステムが特徴的で、クリアする目標が複数ありどうやってステージをクリアしたかでストーリーが変化していくという変わった形式になっています。
例えば、シャドウの謎を知っている人類を侵略するブラックドゥームに協力するのか、ソニックと協力してブラックドゥームを倒すのかなど。
エンディングも色々あり、自分はロボットだと思い込んでエッグマンにチョップするシャドウや俺は悪いやつだとノリノリのシャドウ、ソニックと戦って吹っ切れてソニックも何か嬉しそうなエンディングなど面白いものも見れたりします。

最後に紹介するのがソニック・ザ・ヘッジホッグ(2006)です。PS3で発売されたゲームで、不満もありますが、何だかかんだいって楽しんだ作品でした。
この作品の特徴は理不尽に難しいことです。更に、ロードも長かったりします。やりこみまくりで3Dソニックに慣れている人でもないとクリアは難しいでしょう。
高速移動する所がちょくちょくあるのですがこれがとても難しかったりします。壁にぶつかってミスになったり、ダメージを受けて足を踏み外して落下したりします。
印象に残ったキャラはメフィレスです。シャドウのストーリーで現れる不気味な敵で、気持ち悪い動きや策士な所などソニックシリーズにはいなかった独特なキャラだったと思います。
あと、ソニックと戦う場面がなかったのが残念でした。

http://sonic.sega.jp/sonic/soleanna/004/index.html

個人的にクリアできなくてやばいと思った所はステージに入るために敵をノーダメージで倒せというミッションで敵の攻撃を避けるのが恐ろしいほど難しく、長いロードもあって心が折れそうでした。
好きなステージはクライシスシティです。このゲームでは珍しくガンガン走れるから好きなのかなあと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー