エレキギター入門講座 ギターコード

はい、どうも。インターン生の竹橋です。

今回は前回お伝えしたように、コードについて紹介していきたいと思います。

かっこいい演奏をしたい!となると、和音を構成する音を一音ずつ低いものから(または、高いものから)順番に弾いていくことで、リズム感や深みを演出する演奏方法であるアルペジオや、ジャズやロックやヘヴィ・メタルなどといった即興性の高い音楽で演奏家がインプロビゼーションを行う際、自身の演奏技術をアピールし演奏のクライマックスを演出するために披露する場合によく用いられる速弾きといったものを最初からやりたいという人は、スクールに通った方が効率がいいです。さらに言えば、速弾きがミスなくできるようになると、そこにある程度の技術を加えればどんな曲でも弾けるようになると思います。
しかし、かっこいい曲、ロックな曲、テンポが速い曲は速弾きができるようになったとしても、正直いつまでたっても難しい物です。難しい曲ばかり練習していると、確かに楽しいですし、技術も上がっていきます。しかし難曲になればなるほど、挫折しやすく、出来栄えが悪かったりしますと、つまらなくなってしまったり飽きてしまうこともあります。

先ほどまで言っていた速弾きやアルペジオといったものは、主に主旋律を担当するリードギターという役割になります。テンポやリズムを弾く役割はリズム(サイド)ギターといいます。
主旋律であるリードギターの演奏に憧れてギターを始めるという人は少なくないと思います。しかしリードギターは難しいうえに正しく、しっかりとしたテンポに合わせて弾くことができなければ、ただただうるさい曲になってしまいます。さらに言えばへたくそだと思われます。リズムギターにも同じことが言えますが、リードギターよりも比較的に簡単なので、完璧に仕上げやすいものになり、かっこいいです。

そこで即興にも数多くの曲にも対応できるようになるためにコードが登場します。
そもそもコードとは、「和音」を区別するために付けられた記号のことを言います。「ギターのための和音のコードネーム」という意味ですね。
まず、予備知識として、「ドレミファソラシ」は「C D E F G A B」であることを覚えてください。コードの読み方は「m」がマイナー、「maj,M」がメイジャー、「aug」がオーギュメント、「sus4」がサスフォー、「dim」がディムです。

そこでコードの中で最も基本とされるトライアドというものを紹介していきます。もとになる音を「ルート(Root)」といい、3rd(第三音)5th(第五音)を重ねた音、すなわち、CEG(ドミソ)をトライアドと言います。ルールを覚えてしまえばコードネームからコードの構成音がなんとなくわかるようになります。m(マイナー)というのは先ほどのCEG(ドミソ)のEを半音下げたものとなります。
どの位置に1オクターブズレた音があるかを分かったうえでコードを押さえてしまえば、難しい押さえ方のコードも実は簡単に押さえることが出来たりします。
曲というものはスケール、つまり音階でできています。コードはそのスケールに従って作られることで綺麗な音を奏でることができるのです。

なんと、スケール、コードを理解すると同時にアルペジオも理解できるようになったり、難しい曲も、あれ?そういえばここにも同じ音があるなと分かり、意外にも簡単に弾けてしまうこともあります。
さらに高校生バンドが弾いているような有名な曲やキャッチーな曲というのはコードを覚えれば弾けてしまうような曲ばかりなので、、持ち曲のレパートリーの幅も一気に増えると思います。
是非コードを理解してみましょう!

次回は、かっこいい演奏法について紹介していきたいと思います。

参考元https://www.aki-f.com/kouza/riron/

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー