おすすめアメコミ映画10「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」

こんにちはインターン生の福間です。
今回もおすすめのアメコミ映画を紹介していきたいと思います。

今回紹介するのは「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」です。

こちらの作品は「マーベル・コミック」のアメリカン・コミックヒーロー『キャプテン・アメリカ』の実写映画作品になります。
「マーベル・コミック」の実写映画を同一の世界観でクロスオーバーする作品群であるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズの中の、
「キャプテン・アメリカ」シリーズの第1作目。
基本的にMCUの作品は、様々なヒーローが主役の作品になっており、
「アベンジャーズ」などの一部の作品で今まで主役をつとめたヒーローたちが集結したり、別の作品で登場したヒーローがゲスト登場したり、といったものになっています。
本作は「アベンジャーズ」につながる物語になり、この作品だけでも楽しめるものになっています。

物語の舞台は第二次世界大戦中の1942年。
主人公であるスティーブ・ロジャースは、愛国心は人一倍だが、徴兵基準に満たないモヤシ青年。
そんなロジャースが、超人兵士化計画である「スーパーソルジャー計画」の被験者第一号としてキャプテン・アメリカとなり、悪と戦う。
というストーリーです。

ロジャースは情に厚く、自己犠牲精神も兼ね、どんな苦難にも諦めることを知らない、正義感のかたまりのような、まさにヒーロー映画の主人公ピッタリな性格をしています。
その性格が評価され、スーパーソルジャー計画」の被験者に選ばれ、超人血清を投与され見事なマッチョに大変身し「キャプテン・アメリカ」と呼ばれるようになります。
マッチョになった姿はロジャース役を演じるクリス・エヴァンスの通常の姿ですが、変身前の貧弱な体つきの時は、クリス・エヴァンス本人をCG加工したものだそうで、違和感なくマッチョの人を痩せた人にみせています。

ヒーロー映画では、主人公はスーパーパワーを持っていることがおおいですが、キャプテン・アメリカはマッチョで代謝がいいだけです。
しかし戦闘ではシンボルである盾を武器に戦う珍しいヒーローになっており、
アクションシーンでは攻撃も弾いたり、楯でどついたり、破壊したり、投げてブーメランとして攻撃したりなど多彩で観ていて楽しいです。

キャプテンアメリカが着るコスチュームは、最初はすごいダサいかんじなのですが、段々と実用性とかっこよさを兼ね備えた本物のコスチュームになっていくのがリアルで面白いです。
また、「キャプテン・アメリカ」シリーズの続編である「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」は、
「アベンジャーズ」のあとを描く物語になっており、こちらも面白いのでおすすめです。

気になった方は是非見てみてはいかがでしょうか。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー