ジャンプ作品銀魂紹介1

こんにちは、インターン生の岩濵です。今回は銀魂について紹介していきます。
銀魂は概要と物語の紹介とキャラクター紹介1と2の三回に分けて紹介していきます。よろしくお願いします。

まず最初に概要と物語について紹介していきます。
銀魂は2004年から漫画が連載され現在も連載中です。
2016年では累計発行部数が5000万部突破しました。
2006年にはアニメ化、2010年にはアニメ映画化、2017年には実写映画化がされ
現在アニメが放送中の人気作品です。
作者は空知英秋(そらちひであき)様です。

引用始め
物語は江戸時代末期、地球「天人(あまんと)」と呼ばれる宇宙人の襲来を受け、まもなく地球人と天人との間に十数年にも及ぶ攘夷戦争が勃発、数多くの侍たちが攘夷志士として天人との戦争に参加したが、天人の強大な力の前に弱腰になった江戸幕府は、天人の侵略をあっさりと受け入れ開国してしまう。そして幕府は天人による傀儡(かいらい)政権となり、天人達が我が物顔で江戸の街を闊歩するようになった。一方で国・主君のために天人と戦った攘夷志士達は弾圧の対象となり、他の侍達もその多くが廃刀令によって刀を失い、力を奪われていった。
天人の襲来から20年後、剣術道場の跡取りの志村新八は剣術を生かす道も無く、意に沿わないアルバイトで姉である志村妙と生計を立てていた。そんな新八の前に風変わりな一人の侍が現れる。未だに変わらない侍魂を持った青年、その名も坂田銀時。銀時の男気に惹かれた新八は、侍の魂を学ぶために彼の営業する万事屋で働き出す。やがて万事屋には、戦闘種族である夜兎族の神楽や巨大犬の定春が転がり込んでくる。そして万事屋ゆえに江戸のあらゆる依頼事に首を突っ込むようになった銀時達は、江戸の治安を預かる真選組・かつて銀時の盟友であった侍達等、様々な人間達と関わり合っていく事になる。
引用終わり
引用元URL<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E9%AD%82>

銀魂の特徴はこれまでのジャンプ作品では無かったギャグとシリアスな展開の融合が成功した奇跡の作品です。物語のほとんどがドタバタギャグで構成されていますが時折感動を誘う人情話、バトルなどのシリアスな展開があり、そのギャップが人気の理由の一つになっています。素晴らしい作品ですのでご興味持ちましたら公式サイトをご覧ください。
(参照:http://www.shonenjump.com/j/rensai/gintama.html)
(参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E9%AD%82)
次回はキャラクター紹介をしていきます。
またこの動画が気に入ったら”チャンネル登録”と”いいね”をお願いします。
ご視聴ありがとうございました。
興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー