今からでも遅くない!多肉植物の世界

皆様ご機嫌いかがでしょうか?こんにちは!福本です。

相変わらず多肉植物の事をお届けしたいと思います!
今回はですね、ちょっと番外編ということで、インテリアになる多肉植物の寄植えご紹介したいと思います。
草花ものそうですが、寄植えは一つお部屋に置いておくと存在感抜群の素敵なインテリアになりますので是非作って飾っていただきたいです!
また、初心者の方でもお手軽に素敵な寄植えが作れるように、使用する雑貨は100円ショップなどでそろえられるものだけを使っていきたいと思います。

多肉植物の寄植えは草花の寄植えと違って無限大にアレンジができるんです。
と言いますのも、やり方を工夫すれば鉢はもちろん食器やバスケット、木箱や網など何にでも植えることができるからなんですね。

それでは早速ご紹介いたします♪

※寄植えに使う植物はカット苗です。(植えやすいため)予め切り口を乾燥させておいてくださいね。
※多肉植物を育てる事を目的としていないので、沢山育てたい・大きく育てたい苗は使わないことをおすすめします。
※植えつける物や雑貨は100円ショップでそろえられるものですが、使う土や道具は100円ショップではない場合があります。(道具も土も基本的なものは100円ショップのもので十分事足ります。)
※基本的に必要な道具(土・スコップなど)は材料から省きます。

●スコップ寄せ●
これはとある多肉ブロガーさんのブログを見て参考に作ったものです。
とっても素敵だったので自分でも作ってみました。

【写真 多肉スコップよせ】

~材料~
・ネルソル(固まる土)
・炭とりスコップ(セリア・ダイソー)
 ↑ダイソーでは銀色の、セリアではブルー・ホワイト・カーキがありました。
・ネルソルを練る容器やスプーン(何でもいいです)

~アレンジしたい方用(無くでも大丈夫です)~
・アイアンペイント ブラック
・アイアンペイントマルチプライナー
・刷毛、スポンジなど(メラミンスポンジがすすめ)
・塗料を入れるもの(私は使ってない鉢皿を使いました)
↑色変えしたい場合です。もちろん100円ショップの塗料でも大丈夫です。

□ネルソルとは?□
水を含めて練ると土が固まり、寄せたものを立てておいても植物はもちろん土もこぼれない土です。
ホームセンターや通販ショップ(アマゾン・楽天など)などで購入できます。
使い方は本品の袋や公式サイトでご確認ください。

1.スコップに塗料を塗る場合はこの段階で塗りを完了させておいてください。
2.練ったネルソルをスコップに盛る。
3.好きに盛る(苗が大きいものから置いていき、大体植え終わったら隙間をセダムなどの小さい多肉で埋めてあげるといいです。)
4.立てて飾る場合は5日くらい乾燥させてから飾ってください。

●タブロー寄せ●

~材料~
・ネルソル(固まる土)
・タブロー(セリア)
・ネルソルを練る容器やスプーン(何でもいいです)

基本はスコップの時と同じです

1.練ったネルソルをタブローに敷き詰める
2.好きに盛る
3.立てて飾る場合は5日くらい乾燥させてから飾ってください。

※材質が木なので防腐剤を塗ると長持ちします!(水遣り頻度が低いので私は塗りませんでしたが・・・)

●ミニ鍋寄せ●

~材料~
・ネルソル(固まる土)
 ↑普通の多肉用の土で大丈夫です
・ミニ鍋(セリア)
 ↑色は沢山ありました
・ネルソルを練る容器やスプーン(何でもいいです)

作り方はタブロー寄せと全く同じなので省きます

●バスケット寄せ●

~材料~
・多肉植物の土
・ココヤシファイバー(ダイソーで150~200円)
・バスケット(ダイソー)
 ↑他にも色ありました
・カバーサンド(ゼオライトなど)
 ↑なくても大丈夫です
1.バスケットにココヤシファイバーを敷き詰めます。
2.鉢底石を入れ、土を入れていきます。
3.カバーサンドを土の上に敷く。
4.好きに寄せ植えする。

こんな感じで今回は4つほどご紹介させていただきました。
作り方が上記で紹介した方法を使えばほぼ出来るので写真だけご紹介しますが、他にはこんなものにも寄せられます。

【写真】

ネルソルを使えばアレンジの幅がかなり広がりますので是非一度お使いになるのをオススメします!
また、最近の100円ショップは可愛い雑貨や鉢や食器が沢山売っていますので鉢選びに100円ショップに行かれるのもいいですよ♪
個人的にはセリア推しで時点でダイソーですね
あと、100円ショップの鉢は鉢穴が開いていないことが多いので、使う前に釘やポンチなどで穴を開けるようにしたほうがいいです。

では今回はこの辺で失礼いたします!
次回もよろしくお願いしますね!

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー