あなたも成れる!VTuber!(VRアバターの研究)~3ⅮモデルでVTuber前編~

 インターン生の内田です。
 今回は3Ⅾモデルを利用したVTuberのなり方、やり方を中心に説明していきます。

 まずは前回の続きの動画編集と投稿についてです。

 4.録画した動画の編集と投稿
 
 まずはFaceRigにてVTuberとしての動画を録画します。
 やり方については下記サイトを参考にするとよいと思います。
 基本的には”設定をする→録画ボタンを押す→停止ボタンを押す→音声、動画ファイルが出力される”という感じです
 
 参考サイト 【FaceRig】最短設定!基本の環境構築・設定と録画までの使い方について 「https://www.cg-method.com/entry/facerig-settings/

 ・録画に関して
 パソコンのカメラとマイクで十分録画可能ですが、付属マイクだと音質が悪いです。(音声が遠く聞こえる)
 気になる方は、音声は別途マイクを買って録音する方がよいと思います。
 動画としてエクスポートするとwebmファイルが出力されます。
 
 ・編集に関して
 私の場合は動画編集ソフトはAviutl(無料)を用いました。

 参考サイト AviUtl初心者が最初に読むべきページ【導入から使い方まで】「http://aviutl.info/intro/
 
 上記のサイトが丁寧でよかったです。これを参考にソフトのインストールを行うと良いと思います。
 使い方も基本から応用までサイトに丁寧な説明がありますので、それを基に動画を編集、YouTubeに投稿すれば、あなたもVTuberの仲間入りです。

 それでは次に、3Ⅾモデルを利用したVTuberについて説明していきます。
 2Ⅾモデルの時の説明同様、簡単な流れを以下に示します。

 0.必要機材の準備、購入
 1.3Ⅾモデルの作成
 2.3ⅮモデルをUnityで読み込み
 3.HMD等で3Ⅾモデルを操作できるようにする
 4.動画を録画、編集してYouTubeに投稿する

 使用するツールは異なりますが、2Ⅾモデルの時と大体流れは同じです。
 最大の違いは事前準備がめちゃくちゃ大変ということです。
 全く手元に何もない状態から始めると、特にお金関係がかなり大変です。
 具体的には、25万円程度の費用がかかります。

 0.必要機材の準備、購入
  
  ・高スペックPC(ゲーミングPC) 約20万円
  ・VR用のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)とトラッカー 約5万円
  ・3Ⅾモデル作成ソフト
   Vroid「https://studio.vroid.com/」(無料)←オススメ
  ・3Ⅾモデル編集ソフト
   Unity(無料版でok)
  ・Unity asset “Final IK” (有料約一万円)

 2Ⅾの時とは段違いにお金がかかります。
 特に高スペックPCが高いです。あとpcはデスクトップ型がオススメです。
 3Ⅾ作成ソフトなどは他にあるので、興味があれば調べてみてください。
 
 1.3Ⅾモデルの作成

 Vroidで3Ⅾモデルを作成するとvrmファイルが生成されます。
 体形と表情、髪型くらいしか編集できませんが、他のソフトよりも敷居が低く簡単です。
 操作方法などは参考サイトを見てください。

 参考サイト【VRoid】キャラの作成方法とUnityで操作する方法「https://www.cg-method.com/entry/vroid-create-character-operate-unity/
 
 今回はここまでです。
 次回はこの続きとまとめです。
 

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー