テニスの用具について

こんにちは、インターンシップ生の薮崎です。今日は、第3回目の紹介となります。よろしくお願いいたします。前回はテニスのルールについて詳しく紹介していきました。今回は、テニスの用具について説明していきたいと思います。

テニスで使われている用具と言っても、たくさん種類があるかと思われがちですが、意外と少なくて初心者の方でも、すぐに覚えられる数なので、これから順番に説明していきたいと思います。

まず、ラケットについてで、これは誰もが知っているもので、棒状のグリップの先が輪になっており、そこに糸状のものが縦横に張られ、この帳られている糸状の部分が、ガットと呼ばれているのです。このガットの面で、ボールを打つためにラケットは道具として使われているのです。さらに、これはあまり知られていないであろうとされていることで、当初、ラケットの材質には木が用いられており、その後にスチール、アルミなどの素材が使われ、徐々に進歩を遂げていき、最終的にプラスチック、チタンといったものが用いられているのです。また、ラケットの長さ、重さについては、長さが約70センチ、重さが約300グラムとされていることも知られているのです。さらに、注意しなくてはならないことで、知っている方もいらっしゃると思いますが、硬式のボールをソフトテニス用のラケットで打ってしまうということです。万が一、ソフトテニス用のラケットで打ってしまうと、ガットが傷ついてしまい使い物にならなくなってしまうため、しっかりとソフトテニス用のラケット、硬式テニス用のラケットとの区別を理解してからテニスをするということが重要であるとされているのです。このことについて、自分は、ラケットの材質に、当初は木が用いられていたとは、さすがに思いませんでした。もし今でも、木が利用されていたとすれば、テニスではなく、お正月に皆でやる羽根つきと同じような感覚になるのではないか、と予測がつきました。また、ラケットの長さについては、自分の持っていた感覚でいうと、もう少し長いように感じ、約1メートルぐらいはあるのではないのか、と予測していました。重さについては、自分で持った感覚であると、1キロまではいかないが、約800グラムほど、あるのではないのかと、予測していました。なので、実際のテニスラケットは、重すぎず、軽すぎず、丁度よいサイズになっているのだと、改めて知ることが出来ました。また、ソフトテニス用のラケットで、硬式のボールを打つことに関しては、自分は、逆に硬式テニス用のラケットで、ソフトテニス用のボールを打つことはあって、一様ラケットにもあまりよろしくないと思ったので、しっかりボールに合ったラケットでプレーしたいと改めて考えさせられました。

次に、ボールについてで、まず、これは誰もが知っていて見ればわかるもので、色は黄色で、ボールにもデザインされている「メルトン」と呼ばれるフェルトで作られています。また、かつては、公式戦の際の弾の色は、白であったことも知られています。次に、あまり知られていないとされているボールに関しての情報で、直径、重さ、気圧についてで、まず、直径は約7センチメートルとなっています。次に、重さは約60グラムとなっています。次に、気圧は常に1.8気圧が保たれるようにな作られています。また、気圧が1.8気圧に保たれているボールは、「プレッシャー・ボール」と呼ばれ、反対に、気圧が大気圧であるボールは、「ノン・プレッシャーボール」と呼ばれています。公式戦では、「プレッシャー・ボール」だけ使う事が出来て、反対に練習のために「ノンプレッシャー・ボール」を使う事があるそうですが、ほとんどが、「プレッシャー・ボール」の使用となっております。このことについて、自分は、ボールの色のイメージといったら、黄色しか頭に思い浮かばなかったので、かつて、ボールの色に白色が導入されていたとは、知りませんでした。また、ボールの直経に関しては、大体7、8センチであると予想がつきました。また、ボールの重さに関しては、自分では60グラムよりも重く、100グラムは超えていると感じたため、比較的、持ちやすい重さであるという事を改めて知ることが出来ました。また、ボールの気圧に関しては、常に気圧が1.8気圧に保たれているということは、知りもしませんでした。やはり、厳しい基準をクリアしているボールでないと、試合で使われないためであるということも考えられました。そのことから、「プレッシャー・ボール」、「ノンプレッシャー・ボール」という名前の由来も、何となく理解することが出来ました。

次にコートについてで、「コートが用具?」と考えてしまう方も、いらっしゃると思いますが、コートがないと試合はできないため、大変重要な存在であるとされているのです。そのことから、コートが用具の一部になっているとされているのです。まず、一般的に知られていることとして、床の材質には、天然芝、人工芝、土、コンクリートが使われています。また、各国々で、独自の製品も普及しており、英国では「グラス」北米では「デコ・ターフ」、オセアニアでは「リバウンド・エース」という名前で売られています。次に、あまり知られていないことで、コートの大きさは、「縦 約24メートル」、「横 約8メートル(シングルスの場合)、約 11メートル(ダブルスの場合)」と、なっています。コートのラインは、合成樹脂製のテープが用いられており、選手の人たちがプレーしやすいような状態に常になっているようです。このことについて、自分は、コートが用具に分類されるということは、知っているようで知らなかったです。どちらかというと、用具というと、ラケットやボールなどを想像してしまっていたためです。また、床なついても、それぞれの国で独自のものを出して言っているという事に驚きを感じました。、大体、どこも同じであると勝手に予測をしていたためです。また、大きさについては、メディアなどで事前に知識を得ていました。また、コートのラインは、普通の白いテープであると思っていたので、合成樹脂製の良いものが使われているとは、知りませんでした。

最後にネットについてで、これは、あまり知られていないことであり、ネットの高さ、設置の仕方、収納の仕方についてで、まず、ネットの高さについては、シングルスとダブルスでそれぞれ異なり、シングルスでは、約90センチメートルとされており、ダブルスでは、約1メートルとされており、ダブルスのほうが約10センチメートル高く取り付けられていることが知られています。次に、ネットの設置方法として、2通りありまして、専用のアンカーで固定をする場合と、埋筒があるものは、その穴に差し込む場合とで分けられております。次に、収納方法として、これは簡単であり、ハンドルを回して、ネットを外して巻き取りをするのみです。このことについて、ネットの高さは、シングルスとダブルスとで微妙に異なっているということは、知りませんでした。また、設置の仕方が2通りあるという事は、テニスを長年やっている以上、知識はありました。また、収納方法は、何となくやっていない人でも分かるような感じでしょう。

今回は、以上となります。次回は、テニスの服装、用語について紹介していきたいと思います。ありがとうございました。

URL元 https://ja.m.wikipedia.org

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー