城隍廟

みなさん、こんにちわ。
インターン生の鮑です。

今回は城隍廟を紹介していきます。

城隍廟は上海有名な観光地の一つであり、長江三大宮観のひとつです。三国時代、呉の孫権の孫に当たる孫皓が建てた金山神廟を明王朝のときに改築され、城隍廟になったのです。後に、城隍廟付近の商店街は上海の最も古い商業地区として発展し、各種の軽食レストラン、骨董の店舗と日用雑貨の市場があります。

上海老街
上海老街ではいろんなものが売っていて、比較的に有名なのはハマグリ油、雪花膏などがあります。ハマグリ油はハマグリの貝殻の中にハンドクリームが入っているので、寒い季節に手がカサカサになったときに使うといいでしょう。雪花膏も基本ハンドクリームとして使われますが、1930年代ごろでは、化粧品として使われていて、当時は贅沢品として有名でした。香水並みの香りがしているので、香水がなかった時代は、香水として使われていた。それ以外にも、懐中時計やチャイナドレスが売っていて、時代を感じてしまいますね。

食べ物
食べ物に関しては小籠包、酒醸団子、五香豆などの食品が最も有名です。小籠包は沢山の種類がありまして、中身が豚肉だったり、牛肉だったりします。蟹肉が入ってる店もありますが、値段はとても高いです。酒醸団子はもち米を米麹で発酵させ、糖化したものに白玉を入れたもので、甘酒に味が似ていてます。最後は五香豆についてですが、五香豆は結構クセがあります。皮が薄く、肉が柔らかいですが、餅みたいな噛み心地です。上海では好き嫌いが分かれるそうです。


城隍廟本体は、お参りするためのもので、城隍という土地を守る神が祀られています。短パンの入園は許されず、守護神に対する尊重を表わしているそうです。園内ではおみくじや線香をあげることも出来ます。

次回は最後なので、僕の生まれた場所を紹介したいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー