スペースNINJAとして戦う「Warframe」

こんにちは、インターン生の菊田です。

今回もPCゲームの紹介をしていきます。第5回目に紹介するゲームは「Warframe」です。
WarframeはDigital Extremesが開発・運営する基本無料のTPSです。PC・PS4・Xbox・Nintendo Switchで配信されており日本語にも対応しています。

公式サイト
<https://www.warframe.com/>

このゲームはコールドスリープから目覚めた戦闘種族「テンノ」の一人として、「Warframe」と呼ばれる様々な能力を持つ強化外骨格を駆使してミッションを遂行していくというものです。オンラインでの協力プレイが主体であり、プレイヤーはプライマリ武器、セカンダリ武器、近接武器、そしてWarframeを装備してミッションに参加します。
このゲームの魅力はSFとニンジャを融合させたような自由度の高いスタイリッシュアクション、そして30種類以上ある個性豊かなWarframeです。今回はこの2つの要素について解説していきます。

まずはこのゲームのスタイリッシュなアクションについていくつか紹介します。
「エイムグライド」はジャンプ中にエイムをすることで発動できます。エイムグライド中は重力の影響が弱くなり長時間滞空することができます。
「バレットジャンプ」はしゃがみ中にジャンプすることで発動できます。バレットジャンプは通常のジャンプよりも速く長距離まで移動でき、先ほど紹介したエイムグライドと合わせることによりさらに遠くまで移動できます。
今回紹介した2つを活用することで戦闘中により素早く自由に立ち回ることができるでしょう。この他にも空を自由に飛び回る「アークウィング」やスケートボードに乗ることができる「K-ドライブ」などかっこいい移動方法がまだまだあります。是非プレイしたときに使ってみてください。

次に個性豊かなWarframeについて、その一部を紹介していきます。Warframeはそれぞれ全く違った特殊能力を備えており、「どのWarframeが強いか」よりも「どんなミッションでどのように使うか」をイメージして決めることが重要になります。ここではいくつかの具体例を挙げてみます。
防衛対象がノルマ時間まで生き残ることを目的とした「防衛」ミッション。ここでは冷気を操るフレーム「FROST」を使ってみましょう。FROSTは敵を凍り付かせたり氷の壁で敵の射撃を防ぐなど防衛に向いたアビリティがそろっています。
つぎに、敵に気付かれずに目的のデータを盗み出す「潜入」ミッション。ここでは「LOKI」がオススメです。LOKIは攻撃能力が低く防衛や敵を打ち倒すミッションには向いていません。しかし透明化や武装解除、テレポートなど潜入においては彼の右に出るものはいません。
このようにミッション毎の適正を見極めることでミッションの難易度を大幅に下げることができます。

今回紹介したWarframeはほんの一部に過ぎず30種類以上ある装備それぞれに変わった特徴を持っています。そしてこのゲームではなんと全種類の装備が無課金でも手に入ります。
スタイリッシュなニンジャゲーム「Warframe」。無課金でも十分すぎるほど楽しめますのでこの機会に是非プレイしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー