格ゲーの楽しみ方!バッタと呼ばれる前に

こんにちは、インターン生の松沢 一輝です。

前回の記事では、格ゲーの「差し合い」についてお話させていただきました。
今回は、またまたまた3すくみのお話をできればと思います。

ここまでの記事で説明させて頂いたのは、
攻撃の当たる距離での読み合い

攻撃の当たらない距離での読み合い
の2つですね。

前回少し触れましたが、格ゲーはキャラクターを移動させます。
大抵の格ゲーでは、レバーを上に動かすことで「ジャンプ」することができますね。
世の中に出ている格ゲーには、
ジャンプ中にガードができるゲームと、ガードができないゲームの2つが存在します。
今回は、ガードができないゲームのお話に寄ってしまいますが、ご了承ください。

一見、なんの変哲もないジャンプをしているだけと感じてしまいますが、実は読み合いが隠されています。
実は、こちらも3すくみになっています。
「ジャンプ攻撃」「対空」「飛び道具」この3つです。これらは3つとも

「ジャンプ攻撃」を狙うと「対空」に負けます。
「対空」を狙うと「飛び道具」に負けます。
「飛び道具」を狙うと「ジャンプ攻撃」に負けます。

という3すくみになっています。
前回の「差し合い」の読み合いよりもシンプルで分かりやすいので、こちらから記事にするべきでしたね…。
とりあえず、書いていきます。

まず、ジャンプ攻撃について。
レバーを上に入れながらボタンを押すと成立するので、かなり手軽に撃つことができます。
さらに、地上にいるときよりもダメージを与えやすい行動です。
パンチ~パンチと喰らうよりも、ジャンプ攻撃~パンチ~パンチとするほうがダメージは高いのです。
ダメージが高く操作も簡単な為、格ゲー初心者にありがちな行為としてよく挙げられるのがこのジャンプ攻撃という行為です。
よくピョンピョン跳ねる様から、「バッタ」「バッタ戦法」と称されます。
上記で説明した3すくみを理解できていないと、ジャンプ攻撃はお手軽な技として使ってしまいます。

次に、対空について。
これは初心者の鬼門になっているものです。
まず、操作技術と反射神経を求められてきます。
大抵のキャラクターは、ジャンプしてからジャンプ攻撃をするまでに1秒も掛かりません。
その間に、相手がジャンプしたのを確認し対空技を出すしかありません。
要求されるプレイが高難易度のため、初心者の頭を悩ませます。
ですが、飛んできた相手はガードができない無防備状態ですので、これを使えれば一方的にダメージを与えられます。
是非とも練習してみてください。

次に、飛び道具について。
こちらは、飛び道具攻撃を持っているキャラクターにのみ当てはまります。
持っていないキャラクターは、隙の大きい必殺技に置き換えてみてもいいです。
飛び道具は、「差し合い」でいう置きの頂点のような技です。
敵を退ける効果がとても高いです。
上手くいけば一方的にダメージを与えられる行動なので、なるべく撃っていきたいですね。
大抵の技は一定のコマンドを入れないと出ないので練習が必要です。
さらに、相手がジャンプ攻撃をしてくるリスクも常に持っています。

ジャンプ攻撃は簡単だけど、対空は難しい。
初めのうちはかなりこの部分に悩まされます。
この読み合いがあると理解しても、スキルが追いつかなければ意味がありませんからね。
対応策としては、ジャンプ攻撃を防御することです。
そうすると、一番最初の読み合い「攻撃」と「防御」の関係にすることができそうですよね。
じゃあ、対空なんていらないじゃん。と考えてしまうのは間違いです。
「防御」はお互いにダメージの発生しない行為です。
「対空」は相手にダメージを与える行為です。
相手の体力を0にしたほうが勝ち、というルールである以上は対空のほうが強いのです。
ですが、対空を狙おうとして失敗してダメージを受けてもしょうがないので、自分のレベルに合わせて使い分けましょう。
ジャンプ攻撃は「対空」か「防御」することで対処していくと意識しておきましょう。

いかがでしたでしょうか?
前回と前々回に引き続き、今回も3すくみのお話でした。また3すくみか…。
格ゲーは、こういった読み合いが多発していることで成り立っています。
結局のところ、格ゲーは相手がどうするかを見極める心理戦なのです。
名前は格闘ゲームなのに、肉弾戦より頭脳戦に近いんですね。

ここまでの記事を読んで頂いた方は、確実に画面の見方が変わってきているはずです。
もう、プレイを見ただけでその人が下手か上手いかが判別できるかも…?

それでは、次回の記事でお会いしましょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー