簡単ボーカルレッスンその3!声量を上げて響かせよう!

こんにちは。インターン生の倉持と申します。

声の出し方や上手く歌うコツ等をご紹介する、『簡単ボーカルレッスン』第三回目!
前回は、声を出すときに“意識する事”をご紹介いたしました。
喉を開く…実感出来ていますでしょうか?
まだご覧になっていない方は是非ご覧頂ければ幸いです。

今回は、声量の鍛え方をご紹介したいと思います。

声量とは声の大きさや強さを表します。
歌の種類にもよりますが、声量が上がれば各段に安定感が増し、聞いていて気持ちのいい歌が歌えるでしょう。

ですが、「声量=大きな声を出せば良い」と思っている方いませんか?
勿論大きな声を出せば声量は大きくなりますが、それではただ単に煩いだけになってしまいます。
音楽の世界では、声量は「声の音量」ではなく、「声の響きの強さ」です。
似ているようでいて、全然違う事なのでご注意下さい。

では、声の響きを上げるには…まずは、【口の中の空間を広げる事】です。
軟口蓋を上げ喉仏を下げる事で、口の中に空間が生まれ、その空間で声を共鳴させることが出来れは響きが上がりそうですね。
この練習には前回取り上げさせて頂いた「割りばし発声法」が効果的でしょう。

続いて、【口の中で声を篭らせない】事。
せっかく口の中の空間で声を共鳴させても、それが口の中だけで完結してしまっては意味がありません。
歯をしっかり見せて、唇で声を遮らない様にしましょう。
この練習には前々回に取り上げた割りばしによる唇の筋トレが有効ですね。

そして、もう一つの大事なのが【声帯をしっかり閉じて発声する】事です。
声帯をしっかり閉じる事で、余計な息の漏れが無くなり、結果声量を上げ響きを上げることが出来ます。

私は普段、この声帯を閉じて発声する練習には専用の道具を利用していますが、
専用の道具が無くとも、どのご家庭にもあるティッシュペーパーを用いて練習できます。
今回はその練習法をご紹介したいと思います。

・まず、ティッシュペーパーを4~5枚手に取り、それを軽く丸めます。

・次に、動画の様に前歯と唇で覆うようにして咥えます。力を入れすぎない様に注意。

・その状態で“鼻から息が抜けないよう気を付けて”発声を行います。

発声する際の注意点として、この時鼻から息が抜けたり、
ティッシュが口から外れたり、ほっぺたが膨らまない様に注意して下さい。
また、発声する際は、「あ」の音を意識して発声するとより効果的です。
ティッシュを咥えるいる為、実際に「あ」に聞こえなくても構いません。
しかし、「あ」の音を意識して発声する事で口の中の空間を広げることが出来ると思います。

ティッシュを使った発声法に慣れてきたら、今度はその状態で動画の様に音階の上げ下げにも挑戦してみましょう。
初めのうちは無理のない範囲の音階に止め、徐々に音階の振れ幅を増やしていくのが良いかと思います。

この発声法を行った後にティッシュを外せば、自ずと声量が上がり響きのある声が出るようになるでしょう。
毎日継続して行うことで維持力が高まるだけでなく、1回の練習でも短い時間ながら即効性がある為、歌う前や他の発声練習の前等にも行うと良いでしょう。

如何だったでしょうか?
今回の練習も歌だけでなく、日常の会話にも応用が利くと思います。
大きな声を出すのではなく、響きのある声を出す。
それにより、美しく若々しい声を目指して行きましょう。

以上で、簡単ボーカルレッスン第三回目を終わります。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー