神羅万象チョコの世界

皆さんこんにちは、インターン生の引地航翔です。

前回もお話したように、最終回となる今回は私がオススメする神羅万象チョコの章について触れていきたいと思います。

今回私が紹介するのは、神羅万象チョコシリーズ第六章となる「ゼクスファクター」です。

「前回が第一章だったのに、いきなり第六章まで飛んで大丈夫か?」「ハリーポッターだったら全然話が分からなくなるぞ?」

と、思われる方もいるかと思いますが、安心してください。これにはちゃんと理由があります。

神羅万象チョコでは、第一章から第五章までは時間軸こそ異なりますが同じ世界を舞台として物語が繰り広げられていました。そして、第六章「ゼクスファクター」は、それまでに登場していた土地や四部族(前回記事参照)などの種族が登場しない、全く新しい世界での物語になります。

これが何を意味しているかというと、第一章から第五章の物語は同一世界の物語なので、当然第一章から知っていた方がより深く世界観に没入できます。しかし、第六章からは世界観が一新されるので、それまでのストーリーや登場人物が頭に入っていなくても十二分に楽しむことができます。事実、私自身も神羅万象チョコを本格的に知り始めたのは第六章からでした。

そして、オススメできるもう一つの理由。

これまでの神羅万象チョコは、大国や部族間での争いが起こったり、神々が登場したりなどスケールの大きい物語が続いていました。

そんな中、第六章のテーマはズバリ「学園」です。ここがこれまでのシリーズと一線を画している点でしょう。

第六章では物語の舞台が「学園都市」へと移り、暮らしのシステムが私たちにとって身近なものへとなっているため、物語に取り入りやすいという良さがあるのです。

ここまで第六章「ゼクスファクター」の特徴を話してきましたが、ここからは、この章における重要な用語について軽く触れてみましょう。

第六章における最も重要な設定は「神具(アーティファクト)」と「魂獣(スピリッツ)」です。

「神具」とは、学園都市を取り囲む外の世界から発掘された道具のことで、刀や銃、本や時計など形状は多種多様で、これを使用する事により様々な超能力を発揮する事が出来るようになります。

そして神具には「魂獣」という精霊が宿っており、魂獣と契約する事によって神具の正式な持ち主となり力を使えるようになります。熟練度が上がると、魂獣自身を戦わせることもできます。

先ほど、第六章は学園が舞台だとお話ししましたが、この学園に入学するためには「神具」を使える資質を持っていなければならず、そのため学園生徒はみな一人一つの神具を持っています。

ストーリーについてもお話ししたいと思いましたが、そこは是非ご自身の目で確認してほしいと考えたため、割愛させていただきます。

さて、三回にわたって神羅万象チョコの魅力を語ってきましたが、いかがだったでしょうか?

この記事を見て、少しでも神羅万象チョコの世界に関心が出てきたら、是非とも作品に触れて見て下さい。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー