温泉水と共に出て来たものとは…!?~東方地霊殿編~

 みなさんこんにちは!インターン生の佐藤美咲です!今回紹介するのは東方プロジェクト第11作目の東方地霊殿です!
2008年に例大祭で体験版が販売され6月にweb版で体験版が配信、8月に製品版が販売されました。

いつものストーリーから。
 とある冬の日、霊夢が住む博麗神社は一度地震で倒壊してしまったが、それももうすっかり直っていた。そんな博麗神社の近くで突然間欠泉が吹き出した。
温泉水が噴き出したのでこれで参拝客が増えると思っていた霊夢だが、温泉水と同時に地底の悪霊、「地霊」まで噴き出してしまった。霊夢は驚いたが、地霊がとても大人しかったので異変解決しようとは思わなかった。
が、とある魔女は噴き出した間欠泉から新たに地霊や妖怪が出てくることに危機感を感じており、幻想郷の古参である八雲紫に相談しに行くことに。
相談の結果、地底には地底のルールがあるためあまり地上の妖怪が接触するのは好ましくない為、人間を地底に送り妖怪達はその人間を遠隔サポートすることになった。
中途半端ですがこんなストーリーです。

 システムは自機の博麗霊夢か霧雨魔理沙のうちのどちらかを選び、武器選択(パートナー)を選んでストーリーを進めていく感じになっています。
1人の自機につき3人のパートナーがいて、その中から1人選ぶ形になっています。それぞれサポートタイプが違うので一通り遊んでみたほうがいいかもしれません。
霊夢のサポートキャラクターは「八雲紫」「射命丸文」「伊吹萃香」という幻想郷の中でもトップクラスの力を持つキャラクターがサポートにいて、
魔理沙のサポートキャラクターは「アリス・マーガトロイド」「パチュリー・ノーレッジ」「河城にとり」という魔法使いをサポートにおいている。
ちなみに河城にとりは魔法使いではなく、発明家…?である。とある目的があってサポートしている。
 地霊殿以外にもあるが、「残機の欠けら」というものがあり、一定数集めると
残機が増えるというシステムになっていて、敵の体力を一定値まで削ると出てくるという条件になっています。
 次に敵キャラの紹介です。ほぼ新キャラしかいないので名前と能力とちょっとだけ説明を。
キスメ
 釣瓶落とし。鬼火を落とす程度の能力。狭いところが好きで常に釣瓶の中にいる。結構凶暴です、弾幕的に。
黒谷 ヤマメ
 土蜘蛛。病気を操る程度の能力。ヤマメに遭遇したら高確率で重度の熱病を発病する。建築が得意で、夜の間に建築をして地底へ戻っていく。河城にとりから河が汚れるということで嫌われている。
水橋 パルスィ
 橋姫。嫉妬心を操る程度の能力。地上と地下を行き来する者を見守る守護神のはずだが、嫉妬深い性格のせいで、時々ちょっかいを出すことがある。
星熊 勇儀
 旧都に住む鬼で額に一本角が生えている。怪力乱神の能力を持つ。その能力を持っているだけあって咆哮するだけで弾幕が出せたり、人里を焼き払えるということが可能になっている。
古明地 さとり
 地霊殿の主でありこいしの姉である。左胸部に第三の眼を持っているため相手の心を読むことができる。そのため人間から嫌われ地底に封印された。
だいぶ強いらしいが戦闘が苦手。
火焔猫 燐
 火車。さとりのペット。灼熱地獄跡がまだ本当の地獄だった頃から生きていて、努力の末に怨霊や死体と話すことができる能力をつけた。あだ名はお燐。
霊烏路 空
 さとりのペットの地獄烏。お燐と共に灼熱地獄跡の管理を任されていて、空は火力担当。とある2人の神によって太陽の化身「八咫烏」の力を与えられたことで核融合を操る能力を手にいれる。あまりに強すぎる力に溺れた空が能力を濫用したことで起きたのが間欠泉の噴出であった。あだ名はお空。
古明地 こいし
 さとりの妹で同じ心を読み取る能力を持っていたが、その力のせいで周りの人から嫌われると知ったため心を閉ざした結果、無意識を操る能力を手に入れた。無意識に行動するため姉のさとりですら心が読めない。
といったキャラクターたちになっています。
みた感じ百鬼夜行に出てくる妖怪をテーマにしているような感じですね。
相変わらず個性豊かなキャラばっかなので調べてみてください。

実は地霊殿も体験版しかやったことないので全ステージの感想は言えないのですが、サポートキャラクターによって戦闘スタイルが変わるというところがとても面白かったです。
特に霊夢の射命丸文装備と、魔理沙のパチュリー装備は楽しかったです。
ぜひ、製品版買ってみてください。多分まだ売ってるはずです。

次回は作品順ではなく、自分が気に入ってる作品、東方天空璋を紹介します!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー