テニスの大会について

こんにちは、インターンシップ生の薮崎です。今日は、第5回目の紹介となります。よろしくお願いいたします。前回は、テニスの服装について、紹介しました。今回は、テニスの大会について、詳しく紹介していきたいと思います。

皆さんはテニスの大会と聞いて、思い浮かぶものはなんですか?知っている人は、知っていると思いますが、大体のメディアなどで、よく耳にするものは四大大会というもので、テニス界の中では、一番大きな大会であるとされています。
この大規模な大会である、4大大会について、噛み砕いて説明していきたいと思います。まず、4大大会と言われるものの特徴として、国際テニス連盟に定められている大会であるということが知られています。また、何回行われるかについても、大会名から分かるように4回行われます。また、行われる期間については、4大会を冬から夏にかけて、約半年間にも渡って行われていることが知られています。次に、いよいよ皆さんも気になるであろう、4大大会のそれぞれの名称、また、それについての、詳しい情報を話していこうと思います。四大大会は、「全豪オープン」、「全仏オープン」、「ウィンブルドン選手権」、「全米オープン」の大きな4つの大会として構成させています。

まず、「全豪オープン」は、読んで字のごとく豪とかいてあることから、「大体オセアニア州のあたりで開催されているのでは?」と、予想が付くのかと思われます。実際の開催地も、予想通りで、オセアニア州の中にある、オーストラリアのメルボルンという場所であるとされているのです。この大会の起源として、1905年からで、最初は呼び名が異なり、オーストラリアとニュージーランドとの共同大会である「オーストラレージアン.テニス選手権」として、開催されたのが始まりであるとされているのです。最初は男子シングルス、男子ダブルスと、男性のみの参加とされていたのである。後に1922年になると、女子シングルス、女子ダブルスと、女性も参加できるようになったのです。後に1927年になると、大会名が、「オーストラリア選手権」に変更されていったとされています。後に、1969年になり、ようやく「全豪オープン」という、現在の名称に留まっていったのです。後に、1972年になると、開催地が現在の「メルボルン」に固定されたようです。また、当時はテニスクラブも主流ではなかったのですが、そこの会場はテニスクラブを積極的に取り入れていたようです。後に、2002年になると、すでに全米オープンで導入されていた、車椅子テニス部門が、全豪オープンでも取り入れていたようです。このことについて、自分は、「全豪オープン」という大会は、耳にすることはあったが、当時主流でなかった、テニスクラブの導入が積極的に行われていたことは、知りませんでした。また、開催地が最初は定まっていなかったことについても改めて知りました。

次に、「全仏オープン」についてで、これも見ての通りで、仏は、フランスのことなので、開催地はフランスのパリであると、されています。「全仏オープン」の起源として、1891年からであると、されていて、最初は、「フランス大会」という名称だったようです。また、大会には、先ほどの全豪オープンの同じく、男子シングルス、男子ダブルスと、男性のみが参加できるとされていたのである。後に、1897年になると、女子シングルス部門が始まって、女性も参加できるような状態になっていったようです。後に、1925年になると、規定が改訂され、国際化が発展していき、大会名が、「フランス国際大会」と変更されていったようです。後に、1968年になると、四大大会で初めてプロ.アマチュアの両方が参加できる状態になっていったようです。後に、2007年になると、先ほどの、全豪オープンでも説明したように、車いすテニスが導入され、色々な人々が、テニスをできる環境づくりが取り入れていたようです。このことについて、自分は、「全仏オープン」についても、少しは聞いたことがありました。しかし、この「全仏オープン」が、プロ .アマチュア問わずに参加できる初めての大会であったということは、知りませんでした。また、車椅子テニスの導入については、メディアなどを通じて、知識はありました。

次に、「ウィンブルドン選手権」についてで、これも非常に有名な大会であるため、聞いたことがあるかと、思われます。開催地は、名前の通り、イギリス.ロンドンのウィンブルドンであるとされています。「ウィンブルドン選手権」の起源として、1877年からであり、始められた理由として、芝生用の手入れ用のローラーが、古くなってしまって、それを新しくするための資金集めとして、第1回目が開催されたようです。また、このときは、男子シングルスのみしか参加できずに、女性は、参加することができませんでした。また、このときにコートの広さや、得点方式が定められていったようです。後に、1884年になっていくと、男子ダブルス、女子ダブルスの参加が認められ、このときから、女子の参加が認められていった。後に、1913年には、女子ダブルスの参加が認められ、男女問わずに、シングルス、ダブルスと、参加することができるようになっていきました。このことについて、自分は、「ウィンブルドン選手権」の始められた理由が、まさか、芝生用のローラーを新しくするための資金集めであったことは、全く知らなく、4大大会の中でも、始められた理由が独特であると感じられました。また、この大会により、コートの広さや得点方式が定められていったということについても、非常に驚きました。

最後に、「全米オープン」についてで、これも字を見て分かるように、開催地はアメリカとなっていて、4大大会の中でも、一番大きな大会であるとされています。「全米オープン」の起源として、1881年からであり、第1回は、アマチュア大会として、開催されたのが始まりとされているのです。なお当時は、出場条件が厳しく、男子シングルス、男子ダブルスのみで、なおかつ、テニス協会に加盟するものだけが参加できる状態になっていったようです。その後に、1887年になると、「全米女子選手権」と呼ばれるものが開催され、女性も参加できる状態になっていったようです。その後に、1892年になると、当時は、珍しかった、混合ダブルスが、開催されていたとされいます。その後に、1968年になると、ようやく名前が変更されて、「全米オープン」という大会名になっていったようです。その後に、1997年になると、約2万人収容できるテニススタジアムが、建設されたようです。その後に、2014年になると大規模な改修工事が行われて、現在では、さらによい環境になっているということが知られています。このことについて、自分は、「全米オープン」については、一番大きな大会であるかということは、メディアなどを通して、大体知識は、ありました。しかし、出場条件に関しては、テニスの協会に加盟しなくてはならないということは、全く知らなく厳しい世界だったのだと、改めて実感しました。また、改心工事が、行われていたことは、メディアで知っており、よりよい環境で、テニスができるということは、良いことであると感じられました。

今回は、以上になります。

URL元 https://ja.m.wikipedia.org

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー