卓球の用具と握り方の種類

皆様こんにちは。インターンシップ生の池田です。

私は中学、高校、大学の9年間部活動として卓球をしてきました。この9年間私は卓球をしてみて思ったことがあります。それはとても難しいと思ったことです。私は9年間いろんな練習を行ってきましたが、大会などの成績はあまり良くありませんでした。その原因はいくつかあると思います。それでもこの9年間はいろんな人と出会うことができ、とても楽しかったです。

これから私の知識や言葉で卓球の紹介を記事にしていきたいと思います。

引用元 https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/fb/Ballsizes.JPG

1.卓球とは

引用始め                                球技の一種。ピンポン (ping pong) とも言う。競技者は卓球台を挟んで向かい合い、セルロイド製かプラスチック製のボールをラケットで打ち合って得点を競う。 

引用終わり

引用元https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%93%E7%90%83

今現在はプラスチック製のボールを使って卓球をすることになっています。私の9年の間に変更になり当時はプラスチック製のボールを入手することが困難であったり、短い時間でボールが割れることがよくあったのでとても貴重なものでした。

2.用具について

卓球をする上で必要な道具の1つとしてラケットがあります。このラケットはブレードとラバーの2つで構成されています。

引用始め

卓球が他のラケット球技と異なるのは、握り方の異なるシェークハンド・ペンホルダーと大きく分けて2種類のタイプが存在することである。伝統的には、ヨーロッパ出身の選手はほとんどがシェークハンドを使用し、一方アジアではペンホルダーが主流であったが、1980年代頃からはアジア各国においてもシェークを使用する選手の割合が増加し、ペンホルダーと同等かそれ以上になってきている。ペンホルダーのほうが軽いため女子選手やフットワークに自信のある選手が選択するケースが多かったが、現在ではフォアハンドとバックハンドの両面で攻防することが必要とされるため、シェークハンドを選択する選手が多くなっている。

引用終わり

引用元https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%93%E7%90%83

個人的な意見としてはシェークハンドが使いやすいほうだと思います。しかし握り方が人に合う合わない人がいるので握り方も実際に握ってみるべきだとおもいます。

ブレードとラバーそれぞれにたくさんの種類があり、ラケットの種類もたくさんあります。自分好みのラケットにすることができます。たくさんありすぎて迷ってしまいますがラケットやラバーも人によって合う合わないがあるので実際に使ってみてから自分のラケットを決めるといいと思います。

ラケットは消耗品であるから買い替える必要があります。特にラバーは3か月ごとに買い替えるべきです。

次回はルールについて紹介します。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー