テニスの称号について

こんにちは、インターンシップ生の薮崎です。今日は、第6回目の紹介となります。よろしくお願いいたします。前回は、テニスの大会について、紹介しました。今回は、勝利したときに与えられる称号の名前について、詳しく紹介していきたいと思います。

称号の名称といっても、あまり詳しくメディアなどで、紹介されることは少なく、ほとんどの方が、認識していないと思われます。なので、勝ち方によって、異なっていく称号の名称などについて、詳しく説明していきたいと思います。まず、称号の名称は、大きく7つも存在しており、「年間グランドスラム」、「4大会連続優勝」、「キャリア.グランドスラム」、「ボックスセット」、「ゴールデン.スラム」、「スーパー.スラム」、「プロ.スラム」のように分けられており、それぞれ、意味が異なります。

まず、「年間グランドスラム」についてで、この名称は、「グランドスラム」という言葉だけは、皆さんもメディアを通じて、お聞きしたことがあるかと思われます。「グランドスラム」という意味は、4大大会をすべて勝ち取るという意味であり、要は、それを年内で、やり遂げてしまうといった意味です。なので、この称号は、紹介している7つの称号の中でも、一番取るのが難しい称号であるとされていて、今現在に至るまでに、男子シングルスでは、5人しかいなく、男女ダブルスでは、たったの3組しか存在していないく、今後は、四大大会を取り巻く状況が以前とは大幅に異なっていってしまうために、さらに達成することが、難しい状況となっているのが、現状です。このことについて、自分は、ただでさえ「グランドスラム」を達成するのだけでも、非常に困難であるという状態の中で、それを1年間で成し遂げるのは、またさらに難しいことであるということを改めて実感させられました。それに、近年は、色々な変化もあるため、それに、対応するのも、技術を高めながら同時進行でやっていかなくてはならないため、非常に厳しいことであると、感じられました。しかし、最近、我々の国では、男女問わず、世界ランキングが1桁の人が、出てきており、自分の想像以上に活躍して、結果も残しているため、「年間.グランドスラム」も決して、達成できないわけではないので、可能性は、充分にあると考えられました。今後の我々の国の選手たちに、期待を込めていきたいと思っています。

次に、「4大会連続優勝」についてで、これは、「年間グランドスラム」よりは、達成するのが簡単であるとされていて、二年間のなかで、4大大会を四連勝すればよいということが条件であるとされています。 しかし、やはり「年間グランドスラム」よりは、簡単になったとはいえ、実際のところ達成するのが難しいとされていて、男子は、シングルスが1人、ダブルスは、1組のみであるとされています。また、女子の場合は、シングルスが3人で、ダブルスが3組であるとされていて、この称号は、女性の方が、多く与えられているということが知られています。このことについて、自分は、「4大大会連続優勝」については、女性の方が、男性よりも称号が、多く与えられているということについて、意外に感じられました。どうしても、イメージが男性の方が、強いと勝手に感じていたため、女性の底力は、改めて強いなと感じられました。しかしながら、我が国の選手はまだ、獲得できていないため、まだまだこれから獲得できるチャンスは、充分にあるので、選手を応援し続けていきたいと思っております。

次に、「キャリア.グランドスラム」についてで、これは、生涯の選手生活の間のなかで、4大大会を制覇するということです。この称号は、先ほど紹介した、「年間グランドスラム」、「4大会連続優勝」よりは、だいぶ難易度は低くなり、決して達成できない目標ではないと、されています。男子シングルスでは、8名、女子シングルスでは、10名、男子ダブルスでは、8組、女子ダブルスでは、6組、なお、混合ダブルスでも、4組、であるとされていて、先ほどの2つと比較すると、与えられている人が、著しく多いことが、分かります。このことについて、自分は、「キャリア.グランドスラム」については、やはり、達成期間が、選手生涯を通してということもあり、先ほどの2つと比べると、達成している人が多く、無理をせずに目標を立てるのであれは、この称号は、ふさわしい目標であると、感じることができました。しかし、また、我々の国での達成がないので、この称号だけでもよいので、男女問わず、頑張ってもらいたいと、期待を込めて、応援し続けていきたいと思っています。

次に、「ボックス.セット」についてで、これも難関であるとされていて、4大大会のシングルス、ダブルス、混合ダブルスで、すべての「グランド.スラム」を達成するということです。この称号に関しては、今までを通して、世界で3名しか存在しておらず、男性の達成者は、1人もいないとされています。また、そのなかでも、金メダルを取った方も1人もいないようです。このことについて、自分は、この称号は、本当に実力もありつつ、メンタルも強い人でないと、なかなかそう簡単には、とれる称号でないと感じました。また、先ほど3つのものと比べても、達成者の人数が大幅に減少していて、ここを目標にしてしまうと、逆に生き生きとしたテニスが出来なくなってしまうのではないか、と考えられました。

次に、「ゴールデン.スラム」についてで、これは、紹介している7つの称号の中でも、最も難関な称号であると、されています。まず、称号の説明をしていくと、オリンピックの期間内で、4大大会を制覇するといったもので、達成するチャンスが、オリンピックの時しかないため、なかなか、オリンピック内では、期間が短く、4大大会を制覇するのが、厳しいため、「ゴールデン.スラム」は、1番難しい称号であるということが知られています。また、「ゴールデン.スラム」は、達成した人は、今までで、男女を通して、1名しかおらず、今後、達成するのは、厳しい状態であると、されています。このことについて、自分は、この称号は、4大大会で制覇し、なおかつ、それをオリンピックの中で、達成しなくては、ならないため、目標として定めるとした場合は、高すぎで、自分のペースで目指せる状況になった場合のみに、考えるのが、良いと考えられました。また、我々の国は、まずは、「キャリア .グランドスラム」を目指していくのが、大切だと感じたため、取り敢えず、段階を経て挑戦していくべきだと考えられました。

次に、「スーパー.スラム」についてで、この称号は、4大大称号であるということが知られています。また、「ゴールデン.スラム」は、達成した人は、今までで、男女を通して、1名しかおらず、今後、達成するのは、厳しい状態であると、されています。このことについて、自分は、この称号は、4大大会で制覇し、なおかつ、それをオリンピックの中で、達成しなくては、ならないため、目標として定めるとした場合は、高すぎで、自分のペースで目指せる状況になった場合のみに、考えるのが、良いと考えられました。また、我々の国は、まずは、「キャリア .グランドスラム」を目指していくのが、大切だと感じたため、取り敢えず、段階を経て挑戦していくべきだと考えられました。

達成できる可能性は、ゼロではないが、やはり、しっかりと段階を経て頑張っていくことが、重要であると改めて実感させられました。

今回は以上になります。

次回は、テニスの加盟や協会について、詳しく紹介していきたいと思います。

URL元 ウィキペディア http://ja.m.wikipedia.org

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー