絵描きが語る猫の魅力5

こんにちは。
インターン生の長谷川です。

前回は、海外に伝わる猫にまつわる迷信をご紹介しました。
たしかにそうかも!というものから、全く根拠のないものなど、
様々な迷信がありました。
まだ見られていない方は、是非ともご覧いただけると幸いです。

五回目となる今回は、全く違った方向から、
猫の魅力に迫ってみようと思います。

皆様は、猫のひげについて、興味をもったことはありますか?

私はイラストに興味がある方も、そうでない方も、お気づきの方もいらっしゃるでしょうか。
デフォルメ化された猫のイラストにおいて、ひげがあるかないかで絵のテイストや印象は違ってくるもの。
そこで私は、「猫のひげって、どれくらい重要性のあるものなんだろう」
と疑問を持ちました。
実は猫にとって、ひげはとても大事なものらしいのです。

猫のヒゲの根元は液が入った袋のようになっていて、ヒゲはここに浮いた格好になっているそうです。
ヒゲの根元にはたくさんの神経が集中していて、微妙な振動でも敏感にわかる仕組みになっています。
猫のヒゲは反射弓により、まぶたとつながっています。
このため顔の近くに刺激を感じるとすぐに目を閉じて大切な目を保護する役割もあります。
また、猫の目は近くのものが見えないので、口ヒゲで食べ物を感じとるのだそうです。

・猫は頭が通ればそこは通れるとと言われています。
ヒゲの生えている場所をつなげると、顔全体に丸く円状になっていて、
狭い所を通る時にはヒゲをいっぱいに広げて、まず顔をちょっと入れて、
ヒゲがあたらないか確かめ、ヒゲが通るようなら体も通ると判断します。

・猫のひげは非常に敏感です。
臭いを運んでくる風の方向が分かったり、音や空気を振るわす音波の、
耳ではとらえられない微妙な伝わりが分かったり、風や湿度などの微妙な変化を計ることができるらしいです。

・猫のひげはいたずらに切ってはいけません!
「猫は、ヒゲを切るとネズミを捕らない」とか言われ、昔から、猫のヒゲを切ると、猫の能力が劣るという言い伝えがある程、猫のヒゲは大事なものだとされています。
実際、私の母が幼少期に飼い猫のひげを切りそろえた際、猫は平衡感覚を失い、
ふらふらと壁や家具にぶつかりながら歩いていたといっていました。

大事なひげですが、いつの間にか切れたり、折れたりしてしまうもの。
しかし、普通はしばらくするとまた綺麗に生え揃うそうです。

さて今回は、猫の体、ひげについてお話させていただきました。
些細な疑問から調べはじめましたが、奥が深くてとても面白い題材になりました。
皆様も、私の母のように猫のひげはむやみに切らぬよう、お願い申し上げます。
次回も猫の体や機能についてお話させていただこうとおもいます。
次回もよろしくお願い致します。

画像引用元【http://ww3.tiki.ne.jp/~nsasax/pet/watch/body-hige.html

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー