電通大のプログラムについて(2類)

皆様こんにちは。インターンシップ生の井上です。

今回も前回に引き続いて電通大のプログラムについて解説していきます。

それでは2類について。
2類は歴史的な経緯により、IエリアとMエリアに大きく分かれています。

まずはIエリアから。

セキュリティ情報学
引用始め
実世界のあらゆる情報を取り込み処理する高信頼、安全な社会基盤としてのインターネットや情報セキュリティの発展を目指し、「サイバー空間と実世界の安全性に対する脅威」に対抗する技術や管理・運用法、理論をハード、ソフトの両面から学びます。授業では、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、ロボティクス、コンテンツ、暗号理論、情報理論、代数学などを総合的に学べる科目を配しています。
引用終わり
引用元URL https://www.uec.ac.jp/education/undergraduate/cluster2/program1.html

セキュリティを専門に学べるのは珍しい的なアピールを紹介の時に聞いた気がします。

情報通信工学
引用始め
未来の通信システムを構築するため、情報理論、通信理論、符号化技術、ネットワーク理論、暗号技術などの理論と、ワイヤレスや光情報伝送のためのシステム・デバイス・回路の基本設計法や通信ネットワーク設計・構築技術などを身につける科目を総合的に配しています。
引用終わり
引用元URL https://www.uec.ac.jp/education/undergraduate/cluster2/program2.html

電子情報学
引用始め
現在の高度コミュニケーション社会を支える音響・画像・知能情報処理・電磁波伝送・宇宙電波観測・情報伝送ネットワークなどに用いられる電子情報システムの基礎となる理論と手法について学び、さらにエレクトロニクスの基礎の上にプログラミングや電子回路などの実験・演習を行うことで、電子・情報・通信システムの開発に必要な基礎知識を習得するとともに実践的な応用力を身につけることができます。
引用終わり
引用元URL https://www.uec.ac.jp/education/undergraduate/cluster2/program3.html

Iエリアは1類に近いことを学んでいると思うのですが、2類であるからには1類との違いが当然ある訳で、1類ではやらない力学の勉強を知人がやってるのを見て「凄い(小並感)」って感じでした。

続いてMエリア。

計測・制御システム
引用始め
計測・制御、信号処理技術を核として、家電・情報機器、自動車、航空宇宙機器、プラントなどの制御、高度レーダ計測機器や生体情報計測に基づく医療機器など、賢くて人間にやさしい先端システムの創出について学びます。
引用終わり
引用元URL https://www.uec.ac.jp/education/undergraduate/cluster2/program4.html

先端ロボティクス
引用始め
多様な工業分野の総合技術であるロボット工学を核に、ロボットのメカニックと知的制御、人間の脳による機械の操作を目指すブレインマシンインタフェース、視触覚情報のセンシングと処理、マルチメディア情報に基づくインタフェース技術、バーチャルリアリティ技術などを学びます。
引用終わり
引用元URL https://www.uec.ac.jp/education/undergraduate/cluster2/program4.html

2類に配属された学生は、類配属とプログラム配属に加えて、IエリアとMエリアのどちらに入るかというエリア配属も成績で決まるので、強さを感じました。

ちなみにIエリアとMエリアにどのプログラムが含まれるかはうろ覚えで書いたので、必要なら学内の掲示板などの確かな情報をご参照ください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー