学科内のコースの詳細(地球環境工学科編)

皆様こんにちは。インターンシップ生の林です。

今回と次回で北見工大のそれぞれの学科に所属する様々なコースの内容について解説していきます。

本日は地球環境工学科内のコースについて説明していきます。

地球環境工学科は以下の三つのコースに分かれています。

1.エネルギー総合工学コース

引用始め

ガスハイドレート、再生可能エネルギー、地域分散型エネルギーシステムおよび省エネルギーシステムの構築等を想定し、機械系、電気電子系、化学系などの分野に密接に関連するエネルギー工学について総合的に学びます。

引用終わり

引用元 http://www.kitami-it.ac.jp/engineering-graduate/energy-c/

主にガス会社や電機会社に就職したい人や将来はエネルギー問題の解決に貢献したい人、機械系の企業に進みたい人などにお勧めのコースです。

2.環境防災工学コース

引用始め

環境防災工学コースのカリキュラムは、地球環境、寒冷地の自然、環境工学および防災工学に関する基礎科目や応用科目などから構成されており、将来、環境工学や防災工学の分野で活躍できる人材を養成します。

引用終わり

引用元 http://www.kitami-it.ac.jp/engineering-graduate/kankyo-c/

このコースは、主に環境汚染などの地球環境問題の解決や防災に貢献したい人にお勧めです。

また、このコースは北見工大の主要な研究テーマの一つである寒冷地工学の研究を行っている研究室が所属しているコースでもあり、ここでしかできない研究がしたいという人にもお勧めです。

3.先端材料物質工学コース

引用始め

地球環境問題の解決に役立つ材料・技術開発は、人類に求められる最重要課題です。それに必要な基礎・応用科学を学び、省エネルギー・環境保全材料、環境に優しい合成プロセス開発の知識・実験技術を習得できます。

引用終わり

引用元 http://www.kitami-it.ac.jp/engineering-graduate/sentan-c/

主にナノテクノロジーに興味がある人や化学の実験が好きな人、将来は材料開発に関わる職業に就きたい人にこのコースはお勧めです。

以上の三つのコースからこの地球環境工学科は成り立っています。

ここまで地球環境工学科に属するコースについて解説していきましたが、皆様はどのコースが一番面白そう、興味深いと思いましたか?

こうして見ると主に物理や化学の知識を多く使う分野の研究を行っている研究室が多く所属する学科であることがわかりますね。

とにかく理科の実験が好きな人にとってはとても面白いと思えるようなコースが揃った学科だと言えるでしょう。

次回は地域未来デザイン工学科に所属するコースについて解説していきたいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー