電通大のプログラムについて(3類)

皆様こんにちは。インターンシップ生の井上です。

今回も前回に引き続いて電通大のプログラムについて解説していきます。

それでは3類について。

機械システム
引用始め
機械設計における計算機支援、創造的加工法の開発、生産システムの自動化・高度化などに関する基盤技術、および材料の強度と破壊、熱と流体に関する物理と制御、計算力学と数値シミュレーションなど機械工学の基礎知識と解析手法を身につけます。
引用終わり
引用元URL https://www.uec.ac.jp/education/undergraduate/cluster3/program1.html

電子工学
引用始め
電子素子(デバイス)の設計・開発を担う人材育成を目指して、半導体をはじめとする電子材料やデバイスの基礎から集積回路設計までをカバーするカリキュラムを用意しています。企業や研究所の研究開発現場で通用する電子工学の基礎力と実践的な応用力を身につけます。
引用終わり
引用元URL https://www.uec.ac.jp/education/undergraduate/cluster3/program2.html

光工学
引用始め
光工学の基盤となる光波の基本的な性質や物質との相互作用を理解し、これらを用いた精密計測やレーザー技術、太陽光発電や光メモリを実現する光機能材料、光通信やロボティクスを支える光機能素子やディスプレイ装置など、光を用いた技術を幅広く学びます。
引用終わり
引用元URL https://www.uec.ac.jp/education/undergraduate/cluster3/program3.html

物理工学
引用始め
物理学を基礎から体系的に幅広く学ぶことで、原子や原子の集団である金属、半導体、誘電体、磁性体などの固体をミクロな視点で理解し、理学的視点と工学的手法を身につけることで、新しい機能をもつ先端材料・素子(デバイス)の創造を目指します。
引用終わり
引用元URL https://www.uec.ac.jp/education/undergraduate/cluster3/program4.html

化学生命工学
引用始め
自然界にある優れた生体機能や物質に学び、環境にやさしく、資源の循環や医療の向上に資する「未来型ものづくり」を担う人材を育成します。生体機能をもとにした電子・光・磁気機能材料や医療技術、バイオテクノロジーなどの開発に必要となる、化学と生物学を総合的に幅広く学びます。
引用終わり
引用元URL https://www.uec.ac.jp/education/undergraduate/cluster3/program5.html

1類から最も遠い類なのもあり正直よく知らないんですが、向こうの界隈的に優れた研究とか設備もある的なことをプログラム紹介の時に聞きました。例えばレーザーの研究やヘリウム液化機です。

上記のように電通大は情報と機械以外にも化学とか生物をやってるプログラムも一応あります。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー