新人のきもち【岡島 徹】

私は、入社してからシステムの打鍵テストやUnityを用いたゲーム制作をしました。今は、東京ゲームショウ向けのゲームを制作するプロジェクトで、プログラムを書いたり、アニメーションをしてみたり、音楽を作ってみたりしています。
社会人になって変わったことがいくつもあります。

-社会人になって変わったこと-

1,学生時代、私は朝が苦手でした。
この会社に入社して、社会人一年目を送っているわけですが、まず朝起きることができるようになりました。
朝の朝礼で行っている習慣が身に付き、より健康的な生活が送れるようになったと思います。

2,学生時代、他人が嫌いでした。
学生の時は、苦手な人を避けることができました。
しかし社会人になって、学生と違い、苦手な人ともコミュニケーションをとる必要が出てきました。
そんな感じで話しているうちに、コミュニケーション力がついてきました。
まぁ、今も他人は嫌いなんですけどね。

3,社会人、思ったより余裕ある…?
学生時代、私は”社会人は仕事ばっかりで自由が全くない”と思っていました。
実際に社会人になってみて感じたのは”意外と時間作れる”です。
平日にお金を使うことがなくなり、さらに学生バイトよりも収入が大きいため、休みの時にたくさんのことができるので、生きててある程度楽しいです。
私は、今までiPadのAppで音楽を作っていたのですが、初給料と貯金でPCとDAW,MIDIキーボードを買い、本格的に作曲を始めました(コード進行難しい…)

しかしながら、まとまった休みはとることが厳しいので、もし自由が多いのであれば、自由が多いうちしかできないことをやったほうがいいです。
(私も、自転車で日本列島走りまわりたい…時間がない…)
学生よりも楽しい分、責任とつらい部分も大きいです…

-社会人のここがつらい!個人的TOP3!-

1,スーツめんどくさい
とにかくスーツの手入れがめんどくさい、できれば着たくないというのが本音です。あつい。

2,満員電車
これに関しては仕方ないとはいえ、周りの人間を抹消したくなります。押すな。

3,年金
給料から引かれているのをみると涙がちょちょぎれます。無駄金。

こんな感じで、学生時代に想像していたほど過酷ではなかったです。
社会人に憂鬱なイメージをお持ちの方、意外と何とかなるので安心してください。
何か起これば自分の責任で判断して行動を起こせばいいだけです。

私はこれからも、自由に生きていきたいなぁ…と感じてます。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー