PSO2のクエストの難易度について

皆さん、こんにちは。インターンの中村です。

今回は、PSO2のクエストの難易度について書いていきたいと思います。

まず、クエストには5つの難易度があり、難易度に応じてエネミーが強くなっていきます。難易度はそれぞれ「ノーマル」「ハード」「ベリーハード」「スーパーハード」「エクストラハード」の5つです。「ノーマル」以外はクラスのレベル制限がありますのでその辺の説明を..。

まずは、「ノーマル」。略称は「N」。「ノーマル」は初期からあります。始めたての人はここから。レベルに制限はないので誰でも気軽にいけます。

次に「ハード」。略称は「H」。クエストカウンター横にいるNPCの管理官コフィ―のクライアントオーダーをクリアしないと出てきません。クラスのレベル制限は20。「ノーマル」とオーダーをこなすだけで行くと思うのですぐに開放できると思います。最悪今はレベリングクエストなるものもあるのでそちらであげるのも手です。

次に「ベリーハード」。略称は「VH」。こちらも「ハード」同様にコフィ―のクライアントオーダーをクリアしないと出てきません。レベル制限は40。この辺までくると人もわりといるのでクエストの攻略がしやすくなるかと思います。

続いて「スーパーハード」。こちらは特に条件はなく、クラスのレベルが50になると自動的に出てきます。略称は「SH」。レベリングでクエストにいくならこの難易度がちょうどいいかと思います。エネミーもそれほど強くなく、それでいて柔らかいので、倒しやすいというのが特徴です。レベリングクエストなら経験値のほうも決してまずくはないのでおススメの難易度ですね。現に上級者でもレベリングでこの難易度を良く回っているかたを見かけます。

最後に「エクストラハード」。略称は「XH」。こちらも「SH」同様条件はありません。レベルが70以上なら自動的に解放されます。この難易度は「緊急クエスト」というクエストいわゆるレイドボスですね。そのクエストで行く方が多いです。「XH」でレベリングというのはあまり聞きませんね..。確かに経験値は「SH」より多いのですがエネミーが硬いので中途半端な火力では雑魚処理に時間がかかってしまうためです。そのためか「XH」はレアドロを狙うのに優先されます。というより..レアドロ目的以外に「XH」へ行く意味は..ないかとさえ思います。とはいうものの中々でないのが現実なんですがね..。まぁ、中には僕みたいにレベリング兼レアドロ目的で行く人もいますが..。「SH」とあまり変わらないなんていうこともよくあるので..。「XH」へ行くたびにセンサーが仕事してるんですよね..ホント。

さて次回がラストの記事になります。次回はクエストの種類について書いていきたいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー